生年月日データベース

吉田知子よしだともこ

作家[日本]

1934年 2月6日 生 (満84歳)

吉田 知子(よしだ ともこ、1934年2月6日 - )は、日本の小説家。
夫は詩人の吉良任市。
来歴・人物 静岡県浜松市生まれ。
名古屋市立女子短期大学経済科卒業。
本姓は吉良。
祖父は陸軍少将・蟹江冬蔵、父は陸軍中佐・蟹江元(はじめ)。
新京(現・長春)、満州北部のナラムト等で幼年時代を過ごす。
終戦時は樺太の豊原に居住しており、1947年に引き揚げる。
父はソ連軍に連行され銃殺刑となったことがあとで分かった。
伊勢新聞名古屋支局の記者、浜松市の高校教諭を経て、1957年吉良任市と結婚。
この間劇団にも所属し、戯曲の上演許可を求めて三島由紀夫に手紙を出し書簡が往復した。
1963年より吉良任市と同人誌『ゴム』にて活動。
1966年、『新潮』に「寓話」を発表して文壇デビュー、1970年、「無明長夜」で芥川賞受賞。
1985年、『満洲は知らない』で女流文学賞、1992年、短篇「お供え」で川端康成文学賞、1998年、『箱の夫』で泉鏡花文学賞受賞。
2000年、第53回中日文化賞受賞。
作品リスト 『無明長夜』(新潮社、1970年 のち新潮文庫) 『天地玄黄』(新潮社、1971年) 『生きものたち』(角川書店、1971年) 『吉田知子作品選』(深夜叢書社、1971年) 『聖供』(新潮社、1973年) 『鴻』(新潮社・書下ろし新潮劇場、1973年) 戯曲 『ずぼら人間体験す 真面目なんて大きらい』(青春出版社、1973年) 『蒼穹と伽藍』(角川書店、1974年) 『猫の目、女の目』(大和書房、1974年) 『山鳴り』(読売新聞社、1976年 のち中公文庫) 長編小説 『愛される女になる法』(いんなあとりっぷ社、1976年) 『犬の幸福』(中央公論社、1979年) 『大興安嶺死の八〇〇キロ』(新潮社、1979年) 『翔べない女の年輪』(海竜社、1979年) 『父の墓』(新潮社、1980年) 『第五の季節』(読 ……

■ 映像作品

■ 関連書籍

小説家。 1934年(昭和9年)2月6日、生まれ。 「無明長夜」で芥川賞を受賞。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 浜松市
  • 名古屋
  • リスト
  • 三島由紀夫
  • 伊勢新聞
  • 作品
  • 吉良
  • 女子
  • 市立
  • 新京
  • 樺太
  • 満州
  • 短期大学
  • 編著
  • 蟹江
  • 陸軍
  • 静岡県
  • あと
  • はじめ
  • ソ連
  • ナラムト
  • 上演
  • 中佐
  • 冬蔵
  • 劇団
  • 北部
  • 卒業
  • 原市
  • 少将
  • 居住
  • 幼年
  • 往復
  • 戯曲
  • 所属
  • 手紙
  • 支局
  • 教諭
  • 時代
  • 書簡
  • 本姓
  • 祖父
  • 終戦時
  • 経済
  • 結婚
  • 記者
  • 許可
  • 豊原
  • 連行
  • 銃殺刑
  • 長春
  • 長春市
  • 高校