誕生日データベース

カルロス・テベスCarlos Alberto Tevez

男子サッカー選手[アルゼンチン]

1984年 2月5日

カルロス・テベス - ウィキペディアより引用

カルロス・アルベルト・マルティネス・テベス(Carlos Alberto Martinez Tévez, 1984年2月5日 - )は、アルゼンチン・ブエノスアイレス州シウタデリャ出身のサッカー選手。
プリメーラ・ディビシオン・ボカ・ジュニアーズ所属。
元アルゼンチン代表。
ポジションはフォワード。
生い立ち ブエノスアイレスの貧民街で5人兄弟の長男として生まれた。
クラブ = 南米 = プリメーラB・ナシオナル(2部)のオール・ボーイズでプレーしていた時にボカ・ジュニアーズにスカウトされ、13歳でボカ・ジュニアーズの下部組織に入団した。
17歳でトップチームデビューするとすぐにレギュラーの座を獲得した。
ボカ・ジュニアーズ所属時代は2003年のリーグ優勝、コパ・リベルタドーレス優勝、トヨタカップではACミランをPK戦の末に破るなど大きな活躍をした。
MSI社が保有権を獲得し、特殊な移籍形態で2004年にコリンチャンスに移籍した。
移籍から半年後にはキャプテンを任され、2005年のブラジル全国選手権で優勝した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

カルロス・アルベルト・テベス Carlos Albert Tévez アルゼンチンのサッカー選手。1984年2月5日生。ブエノスアイレス出身。171cm 75kg。 地元ユースチームで活躍した後、1997年に名門ボカ・ジュニオールズの下部組織に加入し、2001年10月トップデビュー。2002年にリケルメがバルセロナへ移籍後、背番号「10」を背負うとボカの中心選手となり、2003年リベルタドーレス杯優勝に大きな役割を果たしている。 代表としては2001年U-17世界選手権にて2得点を挙げるなどの活躍を見せ4位入賞、U-20代表としても2003年ワールドユース南米予選突破に大きく貢献する。が、本番のFIFAワールドユース選手権UAE2003のメンバーに選出されるも、怪我のため辞退。 A代表としては、本格的に始動したのはコパ・アメリカから。得意のトップではなく1.5列目からだが決定的な仕事を果たした。その後、U-23アテネ・オリンピック代表にも選出され、トップ中央での素晴らしい働きにより、大会の得点王となる。 スピード・テクニックにすぐれるが、その強さはすごい。とにかく倒れない。そして下半身のシャープな動きには誰もついていけない。テベスを止めるのはファウルしかないのだ。 首から下のキズは子供の頃のやけどのあと。このキズは治せるが、自分がスラム出身であることを誇りに思い、その出自を忘れないため、このままにしておくと言う。 そして、ファンには必ずサインをするというファンサービスぶり。これは自分が子供の頃、リケルメらがスラム出身の自分にもサインしてくれたことに対する感謝の気持ちから、そうしているのだという。 さらに、皇帝ベッケ …… (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • アルゼンチン
  • サッカー
  • マンチェスター
  • ユナイテッド
  • 代表
  • ウェスト
  • エピソード
  • クラブ
  • シウタデラ
  • シティ
  • タイトル
  • ハム
  • フォワード
  • ボカ
  • ユヴェントス
  • 上海
  • 個人
  • 南米
  • 帰還
  • 成績
  • 申花
  • 移籍
  • 試合
  • 選手
  • ブエノスアイレス
  • プロ
  • ポジション
  • 出身