誕生日データベース

ヴィニー・カリウタVinnie Colaiuta

ミュージシャン[アメリカ]

1956年 2月5日

ヴィニー・カリウタ - ウィキペディアより引用
ヴィニー・カリウタ(Vinnie Colaiuta、Vincent Colaiuta、1956年2月5日 - )は、イタリア系アメリカ合衆国 アメリカ人のドラマー。
ロサンゼルスを拠点に活動中。

ペンシルベニア州ブラウンズビル出身。
子供のころからドラムセットで遊び、14歳の時に両親からフルセットを贈られ、本格的にドラマーを目指す道を歩み始めた。

ボストンのバークリー音楽院で1年間学ぶ。
この時代、当時ビッグバンドに所属していたドラマーのスティーヴ・スミス_(ドラマー) スティーヴ・スミスと出会っている。
ヴィニーとスティーヴはゲーリー・チェイフィーの講義を懸命に受けたり、シンバルの叩法について夜遅くまで語り合うなど、熱心な学生だった。
卒業後は住まいをロサンゼルスに移し、ラウンジのバンドなどで演奏しながら糧を得つつ経験を積んだ。
1978年22歳の時にフランク・ザッパのオーデションを受け、その演奏の困難さでは悪名高い課題曲「”The Black Page”」を見事に演奏し合格した。
かくしてヴィニーはメイン・ドラマーとしてザッパの公演やスタジオ録音での有力メンバーとなった。
この時代、彼はザッパのアルバム3枚でドラムを叩いているが、どれもが驚くべき内容だと多くのドラマーが認め、特に『”Joe”s Garage”』のそれは1993年の「”Modern Drummer”」誌においてドラム演奏ベスト25に選出される程のものだった。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • ドラマー
  • スティーヴ
  • バンド
  • ロサンゼルス
  • アルバム
  • グラフィ
  • ザッパ
  • ストーン
  • スミス
  • セッション
  • ディスコ
  • バークリー
  • ビッグ
  • フランク
  • ペンシルベニア州
  • ボストン
  • ローリング
  • 参加
  • 音楽院
  • オーデション
  • カリウタ
  • ゲーリー
  • シンバル
  • セット
  • チェイフィー
  • ドラム
  • ビル
  • フルセット
  • ブラウンズ
  • ラウンジ
  • ヴィニー
  • 両親
  • 出身
  • 卒業
  • 子供
  • 学生
  • 当時
  • 懸命
  • 所属
  • 拠点
  • 時代
  • 歴史
  • 活動
  • 演奏
  • 経験
  • 講義