生年月日データベース

中座真ちゅうざまこと

将棋棋士[日本]

1970年 2月3日 生 (満48歳)

中座 真(ちゅうざ まこと、1970年2月3日 - )は、将棋棋士。
佐瀬勇次名誉九段門下。
棋士番号は219。
北海道稚内市出身。
棋歴 1981年に奨励会に入会。
20歳で三段に昇段したが、四段に昇段できないまま5年が経ち、26歳の年齢制限が迫っていた。
四段昇段できなければ退会する覚悟を決めて臨んだ第18回三段リーグ(1995年度下半期)は、最後の一局で敗れ12勝6敗で終了。
本人は諦めていたが、その後競争相手が全員敗れ、逆転で四段昇段が決まった。
その知らせを聞いた際、放心状態でその場に座り込んだ姿をとらえた写真が、週刊将棋に掲載された。
横歩取りにおける後手の戦法「横歩取り8五飛」(「中座飛車」とも)を生み出す。
1号局は1997年8月26日の対・松本佳介戦であった。
8四ではなく8五に引かれた飛車を見た松本は、「間違えて置いた」と思ったという。
第11期(2003年度)銀河戦で、ベスト8進出。
プロ入り後、五段昇段に5年、六段昇段に6年近くを要した。
しかし2007年、竜王戦連続2回昇級の昇段規定によって、六段昇段後わずか16局(半年弱)で七段昇段となった。

■ 関連書籍

将棋のプロ棋士。 「中座飛車」という戦法の開発者で、新戦法の開拓者に与えられる将棋大賞升田幸三賞を1999年に受賞した。 転じて、将棋界では中座することを「ちょっと85飛」と言う。 奥さんは美人女流棋士姉妹の姉として有名な、中倉彰子さん。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 昇段
  • 棋歴
  • 将棋
  • 棋士
  • クラス
  • 佐瀬勇次
  • 北海道
  • 在籍
  • 大賞
  • 奨励会
  • 履歴
  • 成績
  • 棋風
  • 番号
  • 稚内市
  • 著書
  • 関連
  • まま
  • リーグ
  • 一局
  • 下半期
  • 入会
  • 全員
  • 出身
  • 制限
  • 名誉
  • 年齢
  • 最後
  • 本人
  • 相手
  • 競争
  • 終了
  • 覚悟
  • 退会
  • 逆転
  • 門下