生年月日データベース

土屋圭市つちやけいいち

レーシングドライバー[日本]

1956年 1月30日 生 (満62歳)

土屋圭市 - ウィキペディアより引用

土屋 圭市(つちや けいいち、1956年1月30日 - )は、長野県小県郡東部町(現:東御市)出身の元レーシングドライバー。
血液型B型。
埴生高等学校卒業。
ドリフト走行を多用するそのドライビングスタイルから「ドリキン」(ドリフトキングの略)とも呼ばれる。
愛車はAE86、ホンダ・NSXタイプRなど多数。
峠道での走り屋として腕を磨き、1977年に富士フレッシュマンレースでプロデビュー。
以降ツーリングカー(いわゆる「ハコ車」)でのレースを中心に活躍する。
かつてはヨコハマタイヤ専属ドライバーで、1984年の富士フレッシュマンレースでのADVANトレノは開幕6連勝を果たし、土屋圭市の名前を一躍有名にした。
当時の土屋が残した「ADVANには足を向けて寝られない」という言葉は非常に有名である。
後にブリヂストンへ移籍し、「BS(ブリヂストン)を履いて戦うということは、表彰台が約束されているということに他ならない」という言葉を残し2003年に自身の体の限界を感じ現役引退を表明。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

1956年1月30日生まれ。"ドリキン"の愛称で有名なGTレーサーであり、GT界のカリスマである。 2003年、引退を決意する。 2004年、JGTCの監督に抜擢される。 JGTC - 2004年 ・GT500クラス(HONDA NSX):伊藤大輔、金石勝智 ・GT300クラス(オートバックス 我来也"GARAIYA"):新田守男、高木真一 ・サポートドライバー:金石年弘、井出有治、田中哲也 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 関係
  • レース
  • 引退
  • ドリフト
  • エピソード
  • グループ
  • デビュー
  • トヨタ
  • ドライバー
  • フォーミュラ
  • ホンダ
  • マン
  • レーシング
  • 人間
  • 活動
  • 走行
  • 頭文字
  • キング
  • スタイル
  • ドライビング
  • ドリキン
  • 出身
  • 多数
  • 多用
  • 愛車
  • 知名