誕生日データベース

伊東浩司いとうこうじ

陸上短距離選手[日本]

1970年 1月29日

伊東 浩司(いとう こうじ、1970年1月29日 - )は、兵庫県神戸市出身の日本陸上競技・短距離走元選手、現指導者。
100mの現日本記録保持者。
現在は甲南大学スポーツ・健康科学教育研究センター准教授。
左利き。
多くの日本人選手が短距離界で活躍するネグロイドに合った走り方をしていた中、一人日本人に適した走り方を求め当時タブーとされていた「腕を軽く振る」「足をあまり上げない」「少し前傾姿勢」といった走法を取り入れた選手であった。
神戸市立鵯台中学校→報徳学園高等学校→東海大学政治経済学部経済学科→富士通株式会社・早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修了。
鵯(ひよどり)台中時代、100mと200mで当時の中学記録を上回る10秒7、21秒8で走る。
全日本中学100m5位・200m3位 ジュニアオリンピック100m3位・400m1位 報徳学園高校1年時、鳥取国体少年B400m1位。
3年時、沖縄国体の少年A男子400mで当時の高校記録となる46秒52をマーク。
その年のインターハイ8位の雪辱を果たした。
1998年、日本選手権で100m10秒08・200m20秒16の日本新記録(当時。

■ 関連書籍

連想語句
  • 記録
  • 中学校
  • 短距離
  • 走法
  • 選手
  • 報徳
  • 学園
  • 学校
  • 左利き
  • 市立
  • 成績
  • 成長
  • 指導者
  • 日本
  • 日本人
  • 桐生祥秀
  • 甲南大学
  • 神戸
  • 著作
  • 走り方
  • 過程
  • 関連
  • 高等
  • スポーツ
  • センター
  • タブー
  • ネグロイド
  • 一人
  • 健康
  • 准教授
  • 前傾
  • 単独
  • 多く
  • 姿勢
  • 少し
  • 当時
  • 後述
  • 教授
  • 教育
  • 更新
  • 活躍
  • 現在
  • 科学
  • 競走
  • 結果