生年月日データベース

櫻田淳さくらだじゅん

政治学者[日本]

1965年 1月29日 生 (満53歳)

櫻田 淳(さくらだ じゅん、1965年1月29日 - )は日本の政治学者。
東洋学園大学教授。
専門は国際政治学、安全保障。
日本国際フォーラム政策委員。
略歴・人物 宮城県栗原市出身。
八戸第一養護学校中等部から青森県立八戸高等学校に進み、北海道大学法学部を卒業、東京大学大学院法学政治学研究科修士課程を修了。
愛知和男衆議院議員の政策担当秘書、慶應義塾大学大学院法学研究科非常勤講師、東洋学園大学現代経営学部専任講師を務める。
2005年9月、愛知が衆議院議員に返り咲いたため政策担当秘書に復帰し、東洋学園大学兼任講師となった。
2007年4月、政策担当秘書を辞し東洋学園大学准教授、2011年4月より同教授。
1996年、論文「日本の戦後と国家論の不在」により、第1回読売論壇新人賞・最優秀賞受賞。
以降、雑誌『中央公論』などを中心にして現実主義の立場から論陣を張る。
2001年、第1回正論新風賞受賞。
雑誌『諸君!』や『正論』にも頻繁に寄稿していた。
「9・11」事件以降、保守論壇のなかの「反米」論を「観念主義」と呼び、2002年9月17日の小泉純一郎総理大臣の北朝鮮訪問以降に保守論壇内で浮上した「対北朝鮮強硬論」や「日本核武装論」などのタカ派的主張を批判した。

■ 関連書籍

政治学者。東洋学園大学教授。 1965年(昭和40年)、生まれ。 宮城県出身。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 八戸
  • 学校
  • フォーラム
  • 共著
  • 出典
  • 北海道大学
  • 単著
  • 国際
  • 国際政治
  • 大学院
  • 安全保障
  • 宮城県
  • 愛知和男
  • 政治
  • 日本
  • 東京大学
  • 栗原市
  • 法学
  • 法学部
  • 県立
  • 著書
  • 衆議院
  • 論文
  • 議員
  • 青森
  • 高等
  • 中等
  • 修了
  • 修士
  • 出身
  • 卒業
  • 委員
  • 政策
  • 課程
  • 養護