誕生日データベース

那須博之なすひろゆき

映画監督[日本]

1952年 1月27日

那須 博之(なす ひろゆき、1952年1月27日 - 2005年2月27日)は、日本の映画監督。
東京都出身。
妻は脚本家の那須真知子。
来歴・人物 父は建設会社社長。
東京都立西高等学校、東京大学経済学部卒業。
大学在学中はワンダーフォーゲル部に所属し、山登りに熱中。
そんな折に映画『仁義なき戦い』を見て強い衝撃を受け、アクション映画監督を志し日活に助監督として入社し、田中登、曽根中生、澤田幸弘らに師事。
1982年に日活ロマンポルノ『ワイセツ家族 母と娘』で監督デビューする。
ポルノ畑で修業を積んだのち、1985年に念願叶って手がけた初のアクション映画『ビー・バップ・ハイスクール』のヒットで注目され、同シリーズを立て続けに成功させて一時代を築く。
また同作品では仲村トオルをオーディションで見出し、デビューへと導いた。
那須が監督を担当した作品のうち、『ビー・バップ・ハイスクール』以降はその全ての脚本を妻の那須真知子が手がけている。
2004年の『デビルマン』においては、「シナリオライターの卵20人にシナリオを書かせたが、満足のいくシナリオが無かった」ため、真知子を起用したと語っている。

■ 映像作品

■ 関連書籍

連想語句
  • ノート
  • 作品
  • 出典
  • 東京都
  • 監督
  • 脚本家
  • 那須真知子
  • ご協力
  • 出身
  • 問題
  • 改善
  • 箇所
  • 議論
  • 追加