誕生日データベース

永倉万治ながくらまんじ

作家[日本]

1948年 1月27日

永倉 万治(ながくら まんじ、1948年1月27日 - 2000年10月5日)は、日本の作家である。
本名、長倉 恭一(ながくら きょういち)。
1989年(平成元年)、著書 『アニバーサリー・ソング』で、講談社エッセイ賞を受賞。
晩年にはペンネームの表記を、「永倉 萬治(読み同じ)」と改めていた。
埼玉県志木市生まれ。
立教高等学校(現在の立教新座高等学校)を経て、立教大学経済学部を中退。
劇団 「東京キッドブラザース」の公演に参加したが、ヨーロッパ公演の際に同劇団から退団した。
その後は放送作家、雑誌編集者、広告プランナー等を務める傍ら、各種雑誌等にエッセーや小説を発表するようになり、1984年(昭和59年)からは執筆活動に専念した。
1989年(平成元年)、番組出演のためにラジオ局に向かう途中の四ツ谷駅(東京都新宿区)で倒れ、脳出血の診断を受けた。
右半身麻痺と失語症を生じたもの、リハビリテーションを経て、執筆の再開を果たす。
しかしながら2000年(平成12年)に脳出血を再発(脳幹出血)、入院先の国立埼玉病院(埼玉県和光市)で死亡した。

■ 関連書籍

連想語句
  • 学校
  • 永倉
  • 立教
  • 萬治
  • 高等
  • エッセイ
  • ペンネーム
  • 埼玉県
  • 平成
  • 志木市
  • 新座
  • 立教大学
  • 著作
  • 講談社
  • アニバーサリー
  • ソング
  • 中学校
  • 元年
  • 受賞
  • 晩年
  • 現在
  • 著書