誕生日データベース

武井択也

男子サッカー選手[日本]

1986年 1月25日

武井 択也(たけい たくや、1986年1月25日 - )は、栃木県栃木市出身のプロサッカー選手。
Jリーグ・松本山雅FC所属。
ポジションはミッドフィールダー(ボランチ)。
幼少時代を過ごした宮城県富谷町でサッカーをはじめ、國學院栃木高時代までは全くの無名の存在であった。
2004年、流通経済大学へ進学。
流通経済大サッカー部も1・2年次はIリーグ(大学の育成リーグ)で下積みをし、3年次に強靭なフィジカルと、豊富な運動量を生かした粘り強い守備が持ち味の守備的MF(ボランチ) として頭角を現し始め、2007年の総理大臣杯優勝に貢献。
また、2006年に全日本大学選抜、2007年にはユニバーシアード代表に選ばれた。
大学4年次に練習生として複数のJリーグクラブのトレーニングに参加。
2008年、ガンバ大阪に入団した。
入団1、2年目は主にリードした試合の後半からの途中出場で起用され、入団3年目の2010年は、主にボランチの明神智和が負傷離脱した際の代役として出場機会を掴み、リーグ最終節清水エスパルス戦でプロ初ゴールも決めた。

「武井択也」と関連する人物

反町康治 工藤浩平 明神智和 田中隼磨 高崎寛之
連想語句
クラブサッカーエピソードタイトルポジションミッドフィールダー個人出場歴宮城県成績所属時代栃木流通経済大学選抜関連プロプロフェッショナルボランチ國學院國學院大學学校富谷富谷町幼少無名進学選手高等

↑ PAGE TOP