誕生日データベース

古屋兎丸ふるやうさまる

漫画[日本]

1968年 1月25日

古屋兎丸 - ウィキペディアより引用
古屋 兎丸(ふるや うさまる、男性、1968年1月25日 - )は、日本の漫画家。
東京都出身。
多摩美術大学美術学部絵画科(油絵専攻)卒業。
小学生の頃に「手塚治虫の漫画通信講座」を受けており、『少年キング』の似顔絵コーナーの常連であった。
高校在学中はアングラな世界に目覚め、3年時に求めていた表現が油絵であるとに気づき美大に入学。
在学中には東京グランギニョルに憧れて演劇も行っていた。
この後、抽象的な表現よりも具体的な形を求めるようになる。
卒業後はアーティストを目指していたが、油絵だけで身を立てるには難しい時世でもあったため、アルバイトでイラストを描いて収入を得ていたが、昔漫画を描いていたことを思い出し、漫画家への転身を決意する。
1994年、『月刊漫画ガロ』に掲載された『Palepoli』(パレポリ)でデビュー。
高校の美術講師をしながら漫画執筆を続けていたが、初の週刊連載『π(パイ)』開始と前後してフリーの漫画家となる。
漫画以外にも、オムニバス映画『ZOO』(原作:乙一)の中の一本『陽だまりの詩』の脚本・絵コンテ・キャラクターデザインを手がけ、webサイト「ぽこぽこ」ではスーパーバイザーに就任するなどしている。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

「古屋兎丸」と関連する人物

連想語句
  • 油絵
  • グランギニョル
  • ドラマ
  • リスト
  • 作品
  • 作風
  • 卒業
  • 単行本
  • 在学
  • 多摩美術大学
  • 学部
  • 少年キング
  • 手塚治虫
  • 映画
  • 東京
  • 美術
  • 表現
  • アルバイト
  • アングラ
  • アンダーグラウンド
  • アーティスト
  • イラスト
  • コーナー
  • 世界
  • 京都
  • 似顔絵
  • 入学
  • 出身
  • 収入
  • 専攻
  • 小学生
  • 常連
  • 文化
  • 時世
  • 演劇
  • 漫画
  • 絵画
  • 美大
  • 講座
  • 通信
  • 高校