生年月日データベース

熊沢重文くまざわしげふみ

競馬騎手[日本]

1968年 1月25日

熊沢重文 - ウィキペディアより引用

熊沢 重文(くまざわ しげふみ、1968年1月25日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) 栗東所属の騎手。
JRAおよびマスコミ各社における表記ルールにより「熊沢」になっているが正しくは「熊澤重文」である。
平地・障害どちらもトップジョッキーと言われるレベルにある。
1968年愛知県刈谷市にて出生、またこれより10年ほど前に南井騎手の家族も京都から移り住んでおり、これが熊沢が騎手となる契機の一つとなっている。
この刈谷では祭事に馬が使われることはめずらしくなく、熊沢も馬に少なからず興味を示しこれも騎手となる素地であったと語っている。
熊沢が中学野球で活動していたころ父が入院、その同じ病室に南井の父親がいたことから話は進展。
息子同士が出会うこととなり、同時期に担任の教師より「(同じ愛知出身の)調教師に話を通してもいい」と後押しされたこともあり熊沢は騎手になることを志すようになる。
1986年騎手免許を取得し栗東・内藤繁春厩舎所属騎手としてデビュー、同期騎手として横山典弘、松永幹夫などがいる。

■ 映像作品

JRA所属騎手。関西の中堅ジョッキー。“熊ちゃん”の愛称でファンに親しまれる。 1988年のオークスを10番人気のコスモドリームで優勝して初G1勝ち。 1991年の有馬記念において、14番人気からメジロマックイーンを突き放してレコード勝ち(当時)したダイユウサクの鞍上として、また、ステイゴールドの主戦騎手として有名。 障害競走に積極的に騎乗しており、最多障害勝利騎手としてJRA賞受賞4回(1999,2000,2002,2004年度)。優秀障害騎手賞5回(1999年〜2002,2004年度)。 平地で600勝をしていながら障害でも100勝を越えており、「夢は中山大障害を勝つ事」という個性派。 また、平地・障害の両方で重賞を10勝以上している、史上唯一の騎手でもある。 2005年2月、史上13人目となる1万回騎乗を達成。 競馬学校の同期に、横山典弘、松永幹夫、など。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 刈谷
  • 熊沢
  • 刈谷市
  • 市立
  • 騎乗
  • 騎手
  • 中学校
  • 依佐美
  • 小垣江
  • 小学校
  • 卒業
  • 南井克巳
  • 愛知県
  • 成績
  • 関連
  • これ
  • ころ
  • どちら
  • ジョッキー
  • トップ
  • マスコミ
  • ルール
  • レベル
  • 一つ
  • 中学
  • 京都市
  • 入院
  • 出生地
  • 出身
  • 南井
  • 各社
  • 契機
  • 平地
  • 年上
  • 所属
  • 栗東
  • 活動
  • 熊澤
  • 病室
  • 祭事
  • 素地
  • 興味
  • 重文
  • 野球
  • 障害