生年月日データベース

レパード玉熊れぱーどたまくま

プロボクシング選手[日本]

1964年 1月25日 生 (満54歳)

レパード 玉熊(レパード たまくま、1964年1月25日 - )は、日本の元プロボクサー。
第23代WBA世界フライ級王者。
青森県出身。
本名は玉熊 幸人(たまくま ゆきひと)。
畑山隆則と同郷である。
畑山にボクシングの興味を示すきっかけを作った。
左ファイター。
法政大学ボクシング部中退、国際ボクシングスポーツジム出身。
顎の脆さをカバーするため、顔を打たれないよう顔面のみの防御に集中し、ボディを打たれても効かないくらいまで徹底的に鍛え上げた。
手足が長いが、アウトボクシングではなく接近戦を得意にし、至近距離で相手のパンチをガードしながら効果的にボディブローやカウンター攻撃をする。
日本王座を獲得した試合では、ボディを打たれるたびにわざと苦しそうに唸り、相手の意識をボディに集中させるなど、頭脳的なボクサーである。
試合の入場曲は、フィル・コリンズの「something happened on the way to heaven」。
これがきっかけで、ボクシング番組「ダイナミックグローブ」のテーマソングにもなる。

■ 関連書籍

元プロボクシング世界チャンピオン。国際ボクシングスポーツジム出身。 本名・玉熊幸人。左ファイター。 1964年1月25日生まれ、青森県出身。 (たまくま ゆきひと)。で畑山隆則の先輩である。畑山にボクシングの興味を示すきっかけを作った。 通算成績33戦27勝13KO5敗1分。法政大学ボクシング部、 青森商業高校では当初、卓球部に所属していたが、先輩の勧めで所属。高校3年のインターハイ・ライトフライ級決勝戦で沖縄水産の新垣諭に判定負けで準優勝。 卒業後、法政大学に進学。ボクシング部へ所属したが、同級生の不祥事で部が休部したため中退。 その後、国際ジムへ入門。A級ボクサー賞金トーナメントフライ級優勝、全日本ライトフライ級新人王を獲得。 日本フライ級チャンピオンとなり、4度防衛。 1989年3月5日、金容江の持つWBC世界フライ級王座に挑んだが、失敗。 1990年7月29日、李烈雨を10RTKOで下し、WBA世界フライ級タイトルマッチを制し、青森県人初の世界チャンピオンとなった。 12月26日、ヘスス・ロハスと引き分けて防衛。 1991年3月14日、エルビス・アルバレスに敗れ王座陥落。 その後、網膜剥離のため現役引退。 引退後、タレント活動を経て、現在はジムを運営。 入場曲はフィル・コリンズの「something happened on the way to heaven」。ボクシング番組「ダイナミックグローブ」のテーマソングにもなっている。 * (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • ボクシング
  • インタビュー
  • ジム
  • スポーツ
  • テレビ
  • フライ級
  • 出身
  • 功績
  • 国際
  • 報道
  • 戦績
  • 映画
  • 法政大学
  • 畑山隆則
  • 関連
  • 青森県
  • きっかけ
  • くま
  • たま
  • ゆきひと
  • アウト
  • カバー
  • シン
  • ファイター
  • ボク
  • ボディ
  • 世界
  • 中退
  • 協会
  • 同郷
  • 幸人
  • 手足
  • 本名
  • 玉熊
  • 王者
  • 畑山
  • 興味
  • 防御
  • 集中
  • 顔面