誕生日データベース

レパード玉熊

プロボクシング選手[日本]

レパード 玉熊(レパード たまくま、1964年1月25日 - )は、日本の元プロボクサー。
第23代WBA世界フライ級王者。
青森県出身。
本名は玉熊 幸人(たまくま ゆきひと)。
畑山隆則と同郷である。
畑山にボクシングの興味を示すきっかけを作った。
左ファイター。
法政大学ボクシング部中退、国際ボクシングスポーツジム出身。
顎の脆さをカバーするため、顔を打たれないよう顔面のみの防御に集中し、ボディを打たれても効かないくらいまで徹底的に鍛え上げた。
手足が長いが、アウトボクシングではなく接近戦を得意にし、至近距離で相手のパンチをガードしながら効果的にボディブローやカウンター攻撃をする。
日本王座を獲得した試合では、ボディを打たれるたびにわざと苦しそうに唸り、相手の意識をボディに集中させるなど、頭脳的なボクサーである。
試合の入場曲は、フィル・コリンズの「something happened on the way to heaven」。
これがきっかけで、ボクシング番組「ダイナミックグローブ」のテーマソングにもなる。

■ 関連書籍

タイトル
ボクシングマガジン 1990年 10月号 チャンピオン対談・大橋秀行 レパード玉熊
著者
発売元
発売日
1990
新品価格
より
中古商品
¥ 5,189 より
連想語句
ボクシングボディアウトインタビュージムスポーツフライ級世界出演出身功績国際報道戦績法政大学畑山隆則相手関連青森県きっかけくまたびたまゆきひとカウンターカバーガードパンチファイターブロー中退協会同郷幸人得意手足接近攻撃日本本名獲得玉熊王座王者畑山至近興味試合距離防御集中顔面

↑ PAGE TOP