誕生日データベース

ビル・ヴィオラBill Viola

映像作家[アメリカ]

1951年 1月25日

ビル・ヴィオラ(Bill Viola、1951年1月25日 -)は、ナム・ジュン・パイクとともにビデオ・アートジャンルを代表するアーティストである。
1951年、アメリカ合衆国のニューヨーク州で生まれた。
1970年よりビデオ・アート作品の制作を開始。
1972年に最初の作品『野生の馬』を完成。
このころ、パイクのアシスタントも経験している。
1976年に初来日。
1980年に再び来日し、日本に18ヶ月滞在。
ソニーのアーティスト・イン・レジデンスに選ばれ、その支援のもとに日本各地を撮影。
『はつゆめ("Hatsu-Yume")』を制作。
1992年より、本格的に「生と死」のテーマに取り組む。
1995年、第46回ヴェネツィア・ビエンナーレのアメリカ代表に選出される。
1997年、ニューヨークのホイットニー美術館が大規模な回顧展を企画、世界巡回。
2003年、個展『パッション/受難』がロサンゼルスのJ・ポール・ゲティ美術館をスタートに世界巡回。
2005年、パリの新オペラ座で『トリスタンとイゾルデ』のための作品を発表。

■ 関連書籍

  • タイトル
    ビル・ヴィオラはつゆめ
    著者
    ビル・ヴィオラ
    発売元
    淡交社
    発売日
    2006-10-01
    新品価格
    ¥ 10,963 より
    中古商品
    ¥ 19 より
連想語句
  • アメリカ
  • 合衆国
  • アーティスト
  • アート
  • ソニー
  • ニューヨーク
  • ニューヨーク州
  • ビエンナーレ
  • ヴェネツィア
  • 代表
  • 作品
  • 制作
  • 日本
  • ころ
  • はつ
  • もと
  • ゆめ
  • アシスタント
  • イン
  • ジャンル
  • テーマ
  • パイク
  • ビデオ
  • ホイッ
  • レジデンス
  • 初来日
  • 各地
  • 完成
  • 撮影
  • 支援
  • 最初
  • 来日
  • 滞在
  • 経験
  • 選出
  • 野生
  • 開始