誕生日データベース

池波正太郎いけなみしょうたろう

作家[日本]

1923年 1月25日

1990年 5月3日 死去享年68歳
池波正太郎 - ウィキペディアより引用

池波 正太郎(いけなみ しょうたろう、1923年(大正12年)1月25日 - 1990年(平成2年)5月3日)は、戦後を代表する時代小説・歴史小説作家。
『鬼平犯科帳』『剣客商売』『仕掛人・藤枝梅安』『真田太平記』など、戦国・江戸時代を舞台にした時代小説を次々に発表する傍ら、美食家・映画評論家としても著名であった。
生い立ち 1923年(大正12年)1月25日、東京市浅草区聖天町(現在の東京都台東区浅草7丁目)に生れる。
父・富治郎は日本橋の錦糸問屋に勤める通い番頭、母・鈴は浅草の錺職・今井教三の長女で、正太郎は長男であった。
この年、関東大震災が起こり、両親とともに埼玉県浦和に引越し、6歳(1929年)まで同地で過ごす。
やがて、両親は東京に転居。
正太郎は根岸小学校に入学する。
商売の思わしくなかった富治郎は近親の出資によって下谷上根岸で撞球場を開業するも、両親不和のためこの年に離婚した。
正太郎は母に引き取られて浅草永住町の祖父の家に移り、学校は下谷の西町小学校に転入した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

いけなみしょうたろう [生]1923.1.25.東京[没]1990.5.3.東京小説家,劇作家。7代続きの江戸っ子として生まれ,幼い頃から芝居好きの母親に連れられて芝居見物に通った。小学校卒業後すぐに株式仲買店に奉公。第2次世界大戦中は召集されて横須賀海兵団に入り,戦後は東京都の職員となる。そのかたわら劇作を始め,1946年『雪晴れ』で読売新聞の演劇文化賞に入選。その後,長谷川伸に師事して『名寄岩』(1955)など新国劇の脚本を書くとともに,『恩田木工』(1956)をはじめとする小説も発表,1960年には『錯乱』で直木賞を受賞。以後,『鬼平犯科帳』『剣客商売』『仕掛人藤枝梅安』の人気シリーズを相次いで発表,社会の清濁をあわせのむ独自の時代劇ヒーローを生み出した。さらに『真田太平記』(1974~83)など武家社会を舞台にしたものばかりでなく,市井の表と裏でつつましく生きる人々にもあたたかい目を注ぎ,劇作で鍛えた絶妙なせりふ回しで人生を語らせた。時代小説のほかにも,食通,映画通としても名をはせ,食べ物や映画,旅行,音楽などのエッセーにも健筆をふるった。そのうえ絵もくろうとはだしで,みずから挿絵も描いた。一連の作家活動により吉川英治文学賞(1977),紫綬褒章(1986),菊池寛賞(1988)を受けた。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 小説
  • 時代
  • 小説家
  • 鬼平犯科帳
  • 仕掛人
  • 作家
  • 剣客
  • 劇作家
  • 商売
  • 戦後
  • 文学
  • 映画
  • 梅安
  • 歴史
  • 江戸時代
  • 真田太平記
  • 終戦
  • 美食家
  • 藤枝
  • 評論家
  • いけなみ
  • しょうたろう
  • ウィキ
  • ポータル
  • 代表
  • 傍ら
  • 大正
  • 平成
  • 戦国
  • 戦国時代
  • 日本
  • 正太郎
  • 池波
  • 発表
  • 舞台
  • 著名