生年月日データベース

イリヤ・プリゴジンIlya Prigogine

化学者[ソ連→ベルギー]

1917年 1月25日

2003年 5月28日 死去享年87歳
イリヤ・プリゴジン - ウィキペディアより引用

イリヤ・プリゴジン(Ilya Prigogine, 1917年1月25日 - 2003年5月28日)は、ロシア出身のベルギーの化学者・物理学者。
非平衡熱力学の研究で知られ、散逸構造の理論で1977年のノーベル化学賞を受賞した。
統計物理学でも大きな足跡を残し、「エントロピー生成極小原理」はよく知られている。
生涯 モスクワに生まれ、1921年から家族とともにベルギーのブリュッセルに移住した。
ブリュッセル自由大学でテオフィル・ド・ドンデに師事して数理化学を学び、1941年に博士号を取得、1947年から同大学の教授となった。
1953年には、国際理論物理学会(東京&京都)で来日した。
その会議の終了後、仲間のカークウッドらと全国の高校をまわって講演し、その当時日本の物理学では素粒子論が主流を占めていたにもかかわらず、これからはトランジスタなどの物性物理学が主流を占めるはずだと予言して日本の若者達を鼓舞し、今日の技術国日本の礎を作ったと、常々満足げに話していた逸話が残っている。

■ 映像作品

■ 関連書籍

ロシア出身でベルギーの科学者(1917-2003)。 散逸構造理論?*1を研究。物理学・化学のみならず、 近年の「複雑系」云々にも影響を与えたとされる。 1977年、ノーベル化学賞。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 生涯
  • ブリュッセル
  • エントロピー
  • テオフィル
  • ドンデ
  • ノーベル
  • ベルギー
  • モスクワ
  • 出典
  • 化学
  • 化学者
  • 大学
  • 学者
  • 家族
  • 平衡
  • 批判
  • 散逸
  • 業績
  • 構造
  • 熱力学
  • 物理
  • 移住
  • 統計
  • 自由
  • 著書
  • 力学
  • 原理
  • 受賞
  • 師事
  • 数理
  • 極小
  • 物理学
  • 理論
  • 生成
  • 足跡