生年月日データベース

大野忍おおのしのぶ

女子サッカー選手[日本]

1984年 1月23日 生 (満34歳)

大野忍 - 女子サッカー選手

大野 忍(おおの しのぶ、1984年1月23日 - )は、神奈川県座間市出身の女子サッカー選手。
神奈川県立栗原高等学校卒。
INAC神戸レオネッサ所属。
ポジションはフォワード・ミッドフィールダー。
日本女子サッカーリーグ歴代最多得点記録保持者。
小学1年生の時に2人の兄の影響でサッカーを始め、小学4年生の時に神奈川県横須賀市にある女子サッカーチーム「横須賀シーガルズFC」に加入。
中学に上がる時に読売西友メニーナ(現日テレ・メニーナ)のセレクションを受け合格。
高校時代の1999年にベレーザへ昇格し、5試合に出場した。
2003年、サッカー日本女子代表に初招集され、1月12日にサンディエゴで行われた国際親善試合アメリカ戦が代表デビュー戦となった。
2005年にはリーグで全21試合に出場し、24得点をあげてMVP(最優秀選手賞)を受賞した。
2007年シーズンには23得点を挙げてリーグの得点王とMVPの2冠を獲得した。
東アジアサッカー選手権2008では3得点で得点王を獲得。
2008年、日テレ・ベレーザからプロ契約を締結。
2010年、なでしこリーグでベレーザのエースとして13ゴールを記録し2年ぶり3回目の得点王を獲得、リーグ史上最多となる3度目のMVPに選出された。

■ 関連書籍

おおの-しのぶ 1984-平成時代の女子サッカー選手。昭和59年1月23日生まれ。ポジションはFW。読売日本サッカークラブ女子メニーナ(現・日テレ・メニーナ)をへて,平成11年NTVベレーザ(現・日テレ・ベレーザ)入団。日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)で17年・19年に最優秀選手賞,19年・20年得点王,21年には7度目のベストイレブンに選ばれた。日本代表(現・なでしこジャパン)デビューは平成15年親善試合のアメリカ戦。20年北京五輪代表となり4位入賞をはたした。23年INAC神戸レオネッサに移籍。同年FIFA女子ワールドカップで日本代表に選ばれ,全試合に先発出場し,メキシコ戦では1得点をあげるなど,金メダル獲得に貢献。24年ロンドン五輪代表に選ばれ,5試合に出場して銀メダルを獲得。25年フランス・リヨンに移籍。26年イングランド・アーセナルに移籍。27年FIFA女子ワールドカップ日本代表にえらばれ,全7試合に出場し,準優勝に貢献。神奈川県出身。栗原高(現・座間総合高)卒。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • サッカー
  • 神奈川
  • 女子
  • ゴール
  • シーガルズ
  • ステラ
  • タイトル
  • ノジマ
  • フォワード
  • ミッドフィールダー
  • メニーナ
  • リーグ
  • 代表
  • 個人
  • 学校
  • 小学
  • 成績
  • 日本
  • 栗原
  • 横須賀市
  • 相模原
  • 県立
  • 試合
  • 選出
  • 高等
  • セレクション
  • チーム
  • ポジション
  • 中学
  • 保持者
  • 加入
  • 合格
  • 影響
  • 得点
  • 所属
  • 日テレ
  • 最多
  • 横浜
  • 横須賀
  • 歴代
  • 神奈川県
  • 西友
  • 記録
  • 読売