生年月日データベース

松平康隆まつだいらやすたか

バレーボール監督[日本]

1930年 1月22日

2011年 12月31日 死去享年82歳

松平 康隆(まつだいら やすたか、1930年1月22日 - 2011年12月31日)は、日本の元バレーボール全日本選手、元バレーボール全日本男子代表監督、日本バレーボール協会名誉顧問、アジアバレーボール連盟終身名誉会長、国際バレーボール連盟名誉副会長、日本オリンピック委員会名誉委員。
2008年3月から“心の東京革命”推進協議会(東京都青少年育成協会)会長を務めた。
1930年(昭和5年)1月22日、東京市荏原区(現・東京都品川区)出身。
松平は旧加賀藩士で家老職をつとめ、幕末には数年間小松城代をつとめた松平大弐家の血を引く家系であった。
東京府立第二十二中学校(現・東京都立六本木高等学校)が東京都立城南高等学校に改称した時の城南一期生で、この時の同級生であり親交の深かった友人が大平透(声優・ナレーター)であった。
1947年、慶應義塾大学法学部政治学科に入学する。
バレーボール部の主将として、1951年には全日本9人制選手権大会で優勝、天皇杯を獲得した(学生チームとして戦後初)。

■ 関連書籍

まつだいらやすたか [生]1930.1.22.東京[没]2011.12.31.東京バレーボール選手,監督。慶應義塾大学の主将を務め,日本鋼管入社後1954年から1960年まで日本代表選手(当時9人制)。1961年日ソスポーツ交流の第1号としてソビエト連邦へコーチ留学し,6人制バレーボールを学んだ。帰国後,1964年東京オリンピック競技大会で男子チームのコーチを務めた。このときは銅メダルに終わったが,1965年に全日本男子監督に就任。「世界制覇8年計画」を立て,大古誠司,森田淳悟ら身長1m90cm以上の長身選手を集めて大型化をはかるとともに,「Aクイック」「Bクイック」「一人時間差(→時間差攻撃)」など,速攻主体の日本式コンビネーションバレー確立に力を注いだ。その結果,1968年のメキシコシティー・オリンピック競技大会では銀メダル,1972年のミュンヘン・オリンピック競技大会では金メダルを取り世界の頂点に立った。その後日本バレーボール協会会長,アジアバレーボール連盟会長,国際バレーボール連盟FIVB第1副会長などを務め,1998年にアジア初のバレーボール殿堂入り。2000年にはFIVBから20世紀男子最優秀監督に選ばれた。日本バレーボール協会名誉会長。アジアバレーボール連盟終身名誉会長。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • バレーボール
  • 名誉
  • 会長
  • 全日本
  • 日本
  • 連盟
  • 協会
  • 男子
  • アイデア
  • アジア
  • エピソード
  • オリンピック
  • プロデュース
  • 出演
  • 勲章
  • 国際
  • 委員
  • 委員会
  • 東京都
  • 番組
  • 著書
  • 表彰
  • 賞詞
  • 顧問
  • 代表
  • 協議会
  • 推進
  • 東京
  • 監督
  • 終身
  • 育成
  • 選手
  • 青少年
  • 革命