生年月日データベース

鈴木貫太郎すずきかんたろう

政治家海軍大将、男爵、内閣総理大臣[日本]

(慶応3年12月24日生)

1868年 1月18日

1948年 4月17日 死去享年81歳
鈴木貫太郎 - ウィキペディアより引用

鈴木 貫太郎(すずき かんたろう、1868年1月18日(慶応3年12月24日) - 1948年(昭和23年)4月17日)は、日本の海軍軍人、政治家。
階級・栄典は海軍大将従一位勲一等功三級男爵。
海軍士官として海軍次官、連合艦隊司令長官、海軍軍令部長(第8代)などの顕職を歴任した。
予備役編入後に侍従長に就任、さらに枢密顧問官も兼任した。
二・二六事件において襲撃されるが一命を取り留めた。
枢密院副議長(第14代)、枢密院議長(第20・22代)を務めたあと、小磯國昭の後任として内閣総理大臣(第42代)に就任した。
一時、外務大臣(第70代)、大東亜大臣(第3代)も兼任している。
陸軍の反対を押し切って太平洋戦争を終戦に導いた。
生涯 生い立ちから海軍時代 1868年(慶応3年)、和泉国大鳥郡伏尾新田(現在の大阪府堺市中区伏尾・関宿藩久世広周の飛び地)に関宿藩士で代官の鈴木由哲と妻のきよの長男として生まれる。

■ 関連書籍

明治〜昭和前期までの軍人、政治家。(1867年〜1948年) 千葉県関宿に生まれる。父由哲は久世氏に仕えた代官だった。 早くから海軍を志し、海軍兵学校に14期で入学。 卒業後、魚雷艇や駆逐艦などの水雷戦術に優れ、日清・日露戦争で活躍。 特に日露戦争では、駆逐隊を率いて戦艦3隻を撃沈するなどの戦果を挙げ「鬼貫」の異名をとった。 その後、海軍兵学校校長・海軍次官などを歴任した。海軍兵学校校長在任中には、鉄拳制裁を禁止し 広い視野を持たせようと遠洋航海を推進した。この時生徒だった1人に、太平洋戦争時に駆逐艦「雷」艦長で 危険を顧みず数百名の敵兵を救助したことで知られる工藤俊作少佐がいる。 また、海軍次官の時には「シーメンス事件」が発生、政治問題に発展した。 この時、八代六郎海相を補佐し、山本権兵衛や斉藤実らの海軍の長老を次々と待命とするなど、強硬な態度で臨んだ。 そのため東郷平八郎元帥も抗議したが、突っぱねられたという。 その後、連合艦隊司令長官や海軍軍令部長などを歴任したが、昭和4年、降階を承知で侍従長の職に迎えられる。 これには、妻・たかが昭和天皇の哺育係だったことと、連合艦隊司令長官時に 海軍特別大演習の際の昭和天皇に侍立する態度に、牧野伸顕内大臣と一木喜徳郎宮内相が惚れ込んだためである。 以後7年間、2.26事件で重傷を負うまで、昭和天皇の側で仕えた。 その後、政治の表舞台に出てきたのは昭和20年の4月、沖縄で激しい戦闘が繰り広げられていたころである。首相指名の依頼が鈴木の所に来た。鈴木は「79歳の高齢でもあり、耳も遠い …… (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 海軍
  • 大臣
  • 日本
  • 枢密院
  • 内閣
  • 予備役
  • 事件
  • 二・二六
  • 侍従長
  • 兼任
  • 副議長
  • 功三
  • 勲一等
  • 司令
  • 國昭
  • 士官
  • 外務
  • 大将
  • 大日本
  • 大東亜
  • 小磯
  • 就任
  • 帝国
  • 従一位
  • 政治家
  • 栄典
  • 次官
  • 男爵
  • 総理
  • 議長
  • 軍人
  • 軍令
  • 連合艦隊
  • 長官
  • 陸軍
  • 階級
  • あと
  • 一命
  • 反対
  • 大綬章
  • 後任
  • 旭日
  • 枢密
  • 桐花
  • 歴代
  • 歴任
  • 海軍省
  • 編入
  • 襲撃
  • 部長
  • 顕職
  • 顧問