生年月日データベース

金聖響キム・ソンヒャン

指揮者[韓国]

1970年 1月12日

金 聖響(きむ せいきょう / 김성향(キム・ソンヒャン)、本名非公表、1970年1月12日 - )は、在日韓国人3世のクラシック音楽の指揮者。
大阪府池田市出身。
家族は3人、大阪在住の両親、妹。
本人を除き全員がアメリカ国籍。
両親の苗字は大升(おおます)。
14歳で渡米し、1992年にボストン大学哲学科卒業、1995年にニューイングランド音楽院大学院指揮科マスター課程修了、1997年にウィーン国立音楽大学指揮科で湯浅勇治、レオポルド・ハーガーに師事した。
またタングルウッド音楽祭に奨学聴講生として参加し、小澤征爾らに師事する。
古楽が作曲された当時の演奏形態を再現する「ピリオド奏法」を現代楽器で再現する試みに取り組んでいる。
日本の他、パリ、韓国などでも活動している。
この他オーケストラ・アンサンブル金沢、シエナ・ウインド・オーケストラとも共演を果たしている。
1998年、ニコライ・マルコ国際指揮者コンクールで優勝する。
その後パシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)等の音楽祭で実績を重ね、国内外のオーケストラへ客演している。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • 音楽
  • イングランド
  • ウィーン
  • ウッド
  • グル
  • タン
  • ニュー
  • ボストン
  • 両親
  • 借金
  • 問題
  • 国立音楽大学
  • 大学
  • 大学院
  • 大阪府
  • 年譜
  • 指揮
  • 指揮者
  • 池田市
  • 著作
  • 録音
  • 音楽院
  • アメリカ
  • クラシック
  • ハーガー
  • マスター
  • レオポルド
  • 修了
  • 全員
  • 出身
  • 勇治
  • 卒業
  • 哲学科
  • 国籍
  • 在住
  • 大升
  • 大阪
  • 家族
  • 師事
  • 本人
  • 渡米
  • 湯浅
  • 苗字
  • 課程