誕生日データベース

山田辰夫やまだたつお

俳優[日本]

1956年 1月10日

山田 辰夫(やまだ たつお、1956年1月10日 - 2009年7月26日)は富山県射水郡大島町(現:射水市)出身の日本の俳優である。
身長:170cm、体重:56kg。
富山県立高岡商業高等学校卒業後、上京し予備校を経て日本大学商学部に入学し後に中退。
1975年12月、19歳で日本大学芸術学部の面々で立ち上げた劇団「GAYA」の創立メンバーとして俳優活動を開始、舞台「東京少年鑑別所」でデビューした。
1980年、「GAYA」の舞台がきっかけで石井聰亙監督の『狂い咲きサンダーロード』に主演しスクリーンデビュー。
この作品で日本アカデミー賞・報知映画賞・ヨコハマ映画祭の各新人賞を受賞。
しかし石井監督が冗談で「彼はあのまんまの人ですよ」とインタビューで答えたために、役柄そのままの「おっかない奴」と誤解されて仕事がない状態が続いた。
1984年の『すかんぴんウォーク』(大森一樹監督、吉川晃司主演)では、大阪映画祭最優秀助演男優賞を受賞。
1980年代にはディレクターズカンパニー系などの新鋭の若手監督作品によく起用された。

■ 映像作品

■ 関連書籍

連想語句
  • 富山県
  • 日本大学
  • 活動
  • 舞台
  • シネマ
  • テレビドラマ
  • バラエティ
  • 予備校
  • 出演
  • 商業
  • 声優
  • 大島町
  • 学校
  • 富山
  • 射水市
  • 射水郡
  • 映画
  • 番組
  • 県立
  • 高岡
  • 高等
  • デビュー
  • メンバー
  • 上京
  • 中退
  • 俳優
  • 入学
  • 出身
  • 創立
  • 劇団
  • 卒業
  • 商学部
  • 学部
  • 少年
  • 東京
  • 芸術
  • 鑑別所
  • 開始
  • 面々