誕生日データベース

中尾孝義なかおたかよし

プロ野球選手[日本]

1956年 2月16日

中尾 孝義(なかお たかよし、1956年2月16日 - )は、兵庫県加西郡北条町(現:加西市)出身の元プロ野球選手(捕手)・コーチ・監督。
愛称は「一休さん」。
現在は、阪神タイガース東日本担当スカウト。
来歴・人物 プロ入りまで 滝川高では、捕手・三番として1973年夏の甲子園県予選決勝に進出するが、東洋大姫路に惜敗し甲子園出場を逸する。
2年下のチームメートに中堅手の島田芳明がいた。
中尾と同学年のエース・江川卓を擁する作新学院高と練習試合をおこなった際、練習試合ということもあって江川は直球しか投げず、三振の山を築く。
しかし中尾だけはファウルで何球も粘り、ついに根負けした江川がカーブを投じ、タイミングを外された中尾は三振した。
この事により、中尾は「江川にカーブを投げさせた男」として同校で語り継がれた。
同校卒業時の1974年、江川らと共に慶應義塾大学を受験したが、不合格となった。
一浪して翌1975年にも慶應義塾大学を受験したが、再度不合格となった。
結局、進路変更して専修大学へ入学する。
東都大学リーグ通算97試合出場、353打数106安打、打率.300、13本塁打、59打点、ベストナイン4回選出。

■ 関連書籍

プロ野球選手・指導者。 右投右打、ポジションは捕手。背番号は9→22→14番。 1956年2月16日生まれ。右投右打。捕手。兵庫県出身。 滝川高校から専修大学に進学、2年連続で日米大学野球に出場。 プリンスホテルに進み、1980年の都市対抗野球では久慈賞を受賞。 1981年、ドラフト1位で中日ドラゴンズ入団。 1982年、木俣達彦から正捕手の座を奪い、リーグ優勝に大きく貢献しMVPを獲得。 強打、強肩、俊足の捕手として、強竜打線を支えた。 しかし、積極的なプレーでホームで接触し故障することも多かった。 1988年、中村武志の台頭により、出場機会が減少し、外野手に転向。 1989年、西本聖との交換トレードで読売ジャイアンツに移籍。 強気のリード力で斎藤雅樹や桑田真澄をエースとして一本立ちさせ、カムバック賞を受賞。 1991年以降、村田真一の台頭により出場機会が減少。 1992年、シーズン途中に大久保博元との交換トレードで西武ライオンズに移籍。 1993年、現役引退。 1995年、西武ライオンズのバッテリーコーチに就任。 1998年、メルビン・モーラを擁する台湾プロ野球・三商タイガース?のコーチに就任。 1999年、横浜ベイスターズの二軍バッテリーコーチに就任。 2001年、サーパス神戸の監督に就任。 2005年、阪神タイガースの二軍バッテリーコーチに就任。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 時代
  • プロ野球
  • 年度
  • 成績
  • 選手
  • 兵庫県
  • コーチ
  • プロ
  • 中日
  • 加西
  • 加西市
  • 北条町
  • 守備
  • 巨人
  • 引退
  • 打撃
  • 捕手
  • 現役
  • 監督
  • 背番号
  • 表彰
  • 西武
  • 記録
  • 詳細
  • 関連
  • たかよし
  • なかお
  • スカウト
  • 一休
  • 中尾
  • 出身
  • 孝義
  • 愛称