生年月日データベース

佐々部清ささべきよし

映画監督[日本]

1958年 1月8日

佐々部清 - ウィキペディアより引用

佐々部 清(ささべ きよし、1958年1月8日 - )は、日本の映画監督。
山口県下関市出身。
山口県立豊浦高等学校、明治大学文学部演劇科、横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)卒業。
1983年より映画およびテレビドラマの助監督となる。
主に崔洋一、和泉聖治、降旗康男などの監督に師事した。
日本映画監督協会。
2002年に『陽はまた昇る』(日刊スポーツ映画大賞石原裕次郎賞、日本アカデミー賞優秀作品賞)で監督デビュー。
以降、2003年『チルソクの夏』(日本映画監督協会新人賞、新藤兼人賞・金賞)、2004年『半落ち』(日本アカデミー賞 最優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞、日刊スポーツ映画大賞石原裕次郎賞)、2006年『カーテンコール』(日本映画批評家大賞作品賞)、2007年『夕凪の街 桜の国』(日本映画批評家大賞作品賞)、2011年『ツレがうつになりまして。

■ 映像作品

■ 関連書籍

芸名佐々部清 性別男性 生年月日1958/01/08 星座やぎ座 干支戌年 出身地山口県 職種文化人 プロフィール明治大学文学部演劇科、横浜放送映画専門学院(現:日本映画大学)卒業後、1984年からフリーの助監督となり、崔洋一、杉田成道、降旗康男などの監督に師事。日本映画監督協会理事。監督デビュー作となる2002年の『陽はまた昇る』が日本アカデミー賞優秀作品賞を受賞。その後もコンスタントに作品を撮り続け、現在までに監督作は13本に及ぶ。2004年の『半落ち』では、日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞するだけでなく、その年の興行成績でもベストテンに入り、批評家と観客の両方から支持される。活躍の場は映画だけに留まらず、『告知せず』(テレビ朝日)や『看取りの医者』(TBS)、『心の砕ける音』(WOWOW)などのテレビドラマや、舞台『黒部の太陽』の演出なども手掛けている他、地方での上映会や講演会も精力的に行なっている。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 映画
  • テレビドラマ
  • 大学
  • 助監督
  • エピソード
  • 作品
  • 参加
  • 和泉聖治
  • 学校
  • 山口
  • 文学部
  • 日本
  • 明治
  • 監督
  • 県立
  • 舞台
  • 豊浦
  • 関連
  • 降旗康男
  • 高等
  • デビュー
  • 以降
  • 卒業
  • 学院
  • 専門
  • 師事
  • 放送
  • 横浜
  • 演劇