生年月日データベース

江上剛えがみごう

作家[日本]

1954年 1月7日 生 (満64歳)

江上 剛(えがみ ごう、1954年1月7日 - 、本名小畠晴喜(こはた はるき))は、日本の作家、コメンテーター、実業家。
元日本振興銀行取締役兼代表執行役社長。
元みずほ銀行築地支店長。
オフィス・トゥー・ワン所属。
人物・来歴 兵庫県氷上郡山南町(現・丹波市)出身。
兵庫県立柏原高等学校、早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。
1977年から2003年まで旧第一勧業銀行(現みずほ銀行)に勤務。
1997年、第一勧業銀行総会屋利益供与事件に際し、広報部次長として混乱の収拾に尽力する。
この事件後は、同行のコンプライアンス体制構築に大きな役割を果たす。
また、この事件を元にした高杉良の小説およびそれを原作とした映画『金融腐蝕列島』のモデルともなった。
2002年、経済小説『非情銀行』で作家デビュー。
2003年3月にみずほ銀行を退社。
新聞連載など作家業の傍ら、テレビ朝日系『スーパーモーニング』(木曜日)、日本テレビ系CS放送「日テレNEWS24」の『汐留リーダーズEYE』(金曜日)のレギュラーコメンテーターや、フジテレビ系情報番組『めざましどようび』のレギュラーコメンテーターも務めていた。

■ 関連書籍

作家・コメンテーター、経営者、前日本振興銀行代表執行役社長 本名:小畠晴喜 1954年生まれ。 マネジメント所属:オフィス・トゥー・ワン ペンネームの「剛」の字は、木村剛氏からと言われる。 早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、旧第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。 1997年春に発覚した総会屋への不正融資事件ではいわゆる「四人組」のひとりとして活躍するも、2003年には退職。高杉良原作の映画「金融腐蝕列島・呪縛」のモデルでもある。2002年、『非情銀行』(新潮社)で小説家としてデビュー。 2010年7月14日、日本振興銀行の社外取締役から代表執行役社長に就任。 2010年9月10日、日本振興銀行の経営破綻にともない、他の取締役とともに退任を申し合わせた。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 作品
  • シリーズ
  • みずほ銀行
  • オフィス
  • テレビドラマ
  • トゥー
  • ビジネス
  • ワン
  • 主水
  • 共著
  • 出典
  • 出演
  • 多加
  • 実業家
  • 小説
  • 庶務
  • 振興
  • 教養書
  • 日本
  • 映像
  • 番組
  • 築地
  • 著作
  • 行員
  • 銀行
  • 代表
  • 取締役
  • 執行
  • 所属
  • 支店
  • 社長