生年月日データベース

はしだのりひこ

フォーク歌手、ザ・フォーク・クルセダーズ[日本]

1945年 1月7日

2017年 12月2日 死去享年73歳

はしだ のりひこ(本名:端田 宣彦、1945年1月7日 - )は日本のシンガーソングライター、フォークシンガー。
京都府京都市生まれ。
同志社高等学校、同志社大学神学部。
8年+休学で10年在籍、期間満了で退学。
身長163cm。
愛称はのりちゃん。
活動 1964年にドゥーディ・ランブラーズの一員としてデビューした後、加藤和彦に請われて1968年にザ・フォーク・クルセダーズの一員として参加する。
フォーク・クルセダーズが1968年10月に解散した後、「はしだのりひことシューベルツ」や「はしだのりひことクライマックス」「はしだのりひことエンドレス」のリーダーを務め、ソロに転向。
ドゥーディ・ランブラーズ 同志社大学の学生であった藤原洪太、田平義昭、端田宣彦らによって1964年に結成された。
1967年6月にクラウンレコードから「真っ赤なリボンとおさげのあの娘/戦いは一度でいい」を発表。
「戦いは一度でいい」は歌詞が全編英語で作られている。
ザ・フォーク・クルセダーズ 「何のために」(作詞・北山修 作曲・端田宣彦)は、レコード未発表のはしだのオリジナル曲に、北山が新たな歌詞をつけたもの。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

日本のフォーク歌手。本名・端田宣彦(はしだのりひこ)。1945年、京都府生まれ。同志社大学在学中の67年にフォークグループ「ザ・フォーク・クルセダーズ」に参加し、『帰って来たヨッパライ』『悲しくてやりきれない』などのヒット曲で関西フォークブームの先駆けとなる。同グループ解散後の68年、「はしだのりひことシューベルツ」を結成し、作曲を手掛けた楽曲『風』で人気を博す。71年には、前年に結成した「はしだのりひことクライマックス」の大ヒット曲『花嫁』でNHK紅白歌合戦に出場した。その後、パーキンソン病を患い、2017年には急性骨髄性白血病を併発して闘病生活を続けていたが、同年12月2日、死去した。享年72。 (2017-12-5) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • シンガー
  • フォーク
  • 活動
  • エンドレス
  • クライマックス
  • クルセダーズ
  • グラフィ
  • シュー
  • ソロ
  • ソング
  • ディスコ
  • ドゥーディ
  • ベルツ
  • マーガレッツ
  • ライター
  • ランブラーズ
  • 京都市
  • 京都府
  • 作品
  • 同志社
  • 同志社大学
  • 学校
  • 神学部
  • 著書
  • 高等
  • のり
  • 中学校
  • 休学
  • 在籍
  • 女優
  • 愛称
  • 新菜
  • 日本
  • 端田
  • 舞台
  • 退学