生年月日データベース

長石多可男ながいしたかお

映画監督[日本]

1945年 1月7日 生 (満73歳)

長石 多可男(ながいし たかお、1945年1月7日 - 2013年3月31日)は、映画・テレビドラマ作品の監督・演出家。
広島県江田島市出身。
広島県立広島国泰寺高等学校卒業。
来歴・人物 1965年頃、ピンク映画で前衛的な作品を発表していた映画監督の若松孝二と知り合ったことがきっかけで、映画界入りを志す。
当初は若松プロダクションへの参加を考えていたが、当時の若松プロは足立正生・沖島勲・小水一男(=ガイラ)をはじめ多くの助監督を抱えていたため断念し、独立プロでピンク映画作品の助監督となる。
その後、『特命捜査室』(1969年、東映・フジテレビ)で初のテレビドラマ助監督を務めた。
『柔道一直線』の助監督を経て、チーフ助監督を務めた『仮面ライダー』では、原作者・石森章太郎が監督を務めた第84話「危うしライダー! イソギンジャガーの地獄罠」では監督補を務めた。
脚本を書いたエピソードも1本(第11話「吸血怪人ゲバコンドル」)ある。
その後も石森章太郎が監督した『イナズマン』第11話「バラバンバラはイナズマンの母」や映画『フィンガー5の大冒険』でも監督補をつとめている。

■ 映像作品

昭和20年生まれ、“超映像派”の異名を持つフリー演出家。 東映特撮作品に多く参画。 古くは『仮面ライダー』や『イナズマン』のチーフ助監督を務め、脚本を書いた話がある他、『仮面ライダー』84話においては石森章太郎氏が監督を務めた回を共に演出した経験もあるベテラン。  画の特徴としては「超望遠で撮る」「坂の向こうから姿を現す」「草花越しに捕らえたショット」「幸薄そうな美女がゲスト」など、割合特徴的な画面が観れる*1。助監督作品でもその種のカットがあったら、そこは長石監督が撮ってるかも?  監督デビュー作は『THEカゲスター?』13話。14話「カマキラー人形作戦!」の無駄に凝ったカメラワークには痺れる事請け合い。   戦隊シリーズには『電撃戦隊チェンジマン』から参加し、脚本の藤井邦夫?と組んだ話は、ロマンチックな話が多い。そして恋人のロマンスを主軸にした『光戦隊マスクマン』からメイン監督になり、自身初の劇場映画は「東映まんが祭り」用の『光戦隊マスクマン』。 映画用の新撮りオープニングが傑作で、当時ファンの間で話題になった。   戦隊には『地球戦隊ファイブマン』まで関わるが、そこから離れて、以降Vシネマ作品でちょっとエッチな映画等の演出をする。 その後、『超力戦隊オーレンジャー』の途中からローテーションに加わり、戦隊に復帰して活躍する。 近年は、平成『仮面ライダー』シリーズに参加中。 また2005年には、仮面ライダーシリーズ初の単独上映作品となった、映画『仮面ライダー THE FIRST』を演出。 2013年3月31日、進行性核上性麻痺のため死去*2。享年68。 …… (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 日本
  • 出典
  • 広島県
  • 日本人
  • ながいしたかお
  • ウィキペディア
  • 出生地
  • 場所
  • 年月日
  • 民族
  • 演説
  • 生年月日