誕生日データベース

三好徹みよしとおる

作家ジャーナリスト[日本]

1931年 1月7日

三好 徹(みよし とおる、1931年1月7日 - )は、日本のジャーナリスト、作家。
来歴・人物 東京生まれ。
本名・河上雄三。
旧制中学校2年修了時に試験を受けて14才で陸軍幼年学校に入学した。
東京府立第一商業学校(現・東京都立第一商業高等学校)卒業後、横浜高等商業学校に進学、同卒業(現・横浜国立大学経済学部)。
1950年、読売新聞社に採用試験首席で入社、同期に渡邉恒雄(ちなみに渡邉は採用試験次席)。
入社後、横浜支局を経て本社地方部に勤務。
同部で上司と対立し、水戸支局へ左遷される。
その後、読売の先輩である菊村到の勧めで記者をしながら小説を書く。
1959年、『遠い声』にて文學界新人賞次席(三好漠名義)。
本名で『大学の裏窓』刊行の後、1966年、長編推理小説『光と影』で作家デビュー、同年、『風塵地帯』で日本推理作家協会賞、1967年下半期(1968年1月)、「聖少女」で直木賞受賞、以後、推理小説、スパイ小説、歴史小説等多数の作品を執筆。

■ 関連書籍

連想語句
  • 学校
  • 小説
  • 作品
  • 幼年
  • 東京
  • 陸軍
  • 名古屋
  • 商業
  • 推理
  • スパイ
  • 中学校
  • 加賀乙彦
  • 旧制
  • 歴史
  • 翻訳
  • 著書
  • 西村京太郎
  • 都立
  • 関連
  • 高等
  • 不合格
  • 修了
  • 入学
  • 卒業
  • 右衛門
  • 合格
  • 同期
  • 実録
  • 小学生
  • 少年
  • 府立
  • 志望
  • 愛読
  • 敗戦
  • 時代
  • 本名
  • 河上
  • 活躍
  • 講談
  • 雄三
  • 雷電