生年月日データベース

香川照之かがわてるゆき

俳優歌舞伎役者・九代目 市川中車[日本]

1965年 12月7日

香川照之 - ウィキペディアより引用

香川 照之(かがわ てるゆき、本名同じ、1965年12月7日 - )は、日本の俳優、歌舞伎役者、及びボクシング解説者。
名跡「市川中車」の当代、九代目 市川中車(くだいめ いちかわ ちゅうしゃ)を名乗る。
屋号は澤瀉屋。
定紋は大割牡丹、替紋は片羽車。
コムスシフトを経て、ロータス・ルーツ所属。
生い立ち 東京都出身。
父は歌舞伎役者の二代目市川猿翁、母は元宝塚歌劇団雪組主演娘役で女優の浜木綿子。
父方の祖父は三代目市川段四郎、祖母は女優の高杉早苗、叔父は四代目市川段四郎、叔母は市川靖子。
母方の叔母は元タカラジェンヌで宝塚歌劇団47期生の浜由理子。
1965年、母親である浜木綿子がNHK大河ドラマ『太閤記』に念仏踊り姉妹の姉役で出演中に照之を身籠り番組を途中で降板、その年の12月に誕生する。
両親は1968年に離婚、母に引き取られ女手一つで育てられた。
小学校より暁星学園に入学し中高一貫を経て、1988年、東京大学文学部社会心理学科を卒業。
俳優として 1989年、NHK大河ドラマ『春日局』での小早川秀秋役で俳優デビューする。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

かがわ-てるゆき 1965-昭和後期-平成時代の俳優。昭和40年12月7日生まれ。3代市川猿之助・浜木綿子の長男。昭和63年俳優デビュー。平成13年「独立少年合唱団」で毎日映画コンクール男優助演賞,キネマ旬報ベスト・テン助演男優賞。14年にはNHK大河ドラマ「利家とまつ」に豊臣秀吉役で出演。15年中国映画「故郷の香り」で東京国際映画祭最優秀男優賞,17年「赤い月」で日本アカデミー賞優秀助演男優賞,22年「剱岳点の記」で日本アカデミー賞最優秀助演男優賞など受賞を重ねる。23年松尾芸能賞優秀賞。24年9代市川中車を襲名してヤマトタケルの帝役で「六月大歌舞伎」に出演。25年「鍵泥棒のメソッド」で日本アカデミー優秀助演男優賞。東京都出身。東大卒。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • ボクシング
  • 俳優
  • 市川中車
  • コムス
  • シフト
  • 出演
  • 受賞歴
  • 名跡
  • 家族
  • 愛好家
  • 文学部
  • 昆虫
  • 東京大学
  • 東京都
  • 歌舞伎
  • 澤瀉
  • 親族
  • 進出
  • いちかわ
  • くだ
  • ちゅうしゃ
  • ファイル
  • ルーツ
  • ロータス
  • 出身
  • 大割
  • 学科
  • 定紋
  • 屋号
  • 当代
  • 役者
  • 心理
  • 所属
  • 替紋
  • 片羽
  • 牡丹
  • 社会
  • 解説者