生年月日データベース

岸孝之きしたかゆき

プロ野球選手[日本]

1984年 12月4日

岸孝之 - ウィキペディアより引用

岸 孝之(きし たかゆき、1984年12月4日 - )は、埼玉西武ライオンズに所属するプロ野球選手(投手)。
プロ入り前 社会人野球の七十七銀行硬式野球部の初代監督である父親の影響で、仙台市立西中田小学校3年となった1993年から安久野球部(現:西中田ゴールデンアクロス)で野球を始めた。
その後仙台市立柳生中学校、宮城県名取北高等学校へと進学。
高校3年生となった2002年夏の宮城県大会では2回戦で敗退し、甲子園出場を経験することはなかった。
高校3年夏の宮城県大会1回戦の多賀城高戦で、この高校の選手として東北学院大学・菅井徳雄監督の息子が出場していた。
この試合を観戦していた菅井監督は、息子のチームをノーヒットに抑える相手チームの岸に注目。
無名校の投手だった岸に、スポーツ推薦での東北学院大学への入学を頼み込んだという。
大学時代は、東北学院大学でエースとして活躍し、仙台六大学野球リーグでは強豪の東北福祉大学戦に完封を含む3連投をする活躍で敢闘賞を受賞、同大学の35連覇を阻止、東北学院大学の18年ぶりリーグ制覇に貢献した。

■ 関連書籍

プロ野球選手(投手)。 1984年12月4日生まれ、宮城県出身。右投げ右打ち。背番号は11番。 名取北高校−東北学院大学−西武ライオンズ*1(2006年大学生・社会人ドラフト希望枠) 2007年、春季キャンプでは“西口文也二世”と呼ばれる逸材。 2008年の日本シリーズでは読売ジャイアンツ相手に2勝し、チームの日本一の立役者に。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 年度
  • 成績
  • 投手
  • 時代
  • 楽天
  • 選手
  • イーグルス
  • ゴールデン
  • タイトル
  • プロ
  • プロ野球
  • 仙台市
  • 太白区
  • 守備
  • 宮城県
  • 東北
  • 背番号
  • 表彰
  • 西武
  • 記録
  • 詳細
  • きし
  • たかゆき
  • 出身
  • 右打
  • 右投
  • 孝之
  • 所属