誕生日データベース

与田剛よだつよし

プロ野球選手、解説者[日本]

1965年 12月4日

与田剛 - ウィキペディアより引用

与田 剛(よだ つよし、1965年12月4日 - )は、福岡県北九州市生まれ、千葉県君津市出身の元プロ野球選手(投手)。
1999年から2000年までの登録名は「与田 剛士」(読み同じ)。
2016年より東北楽天ゴールデンイーグルス投手コーチ。
夫人は元TBSアナウンサーの木場弘子。
亜細亜大学時代は故障が多く、登板機会はほとんどなかった。
(大学時代に右腕の血行障害を患っていたが、これは筋肉が発達し過ぎたのが原因という珍しい症例だった。
しかし、NTT東京時代に150km/hを超える剛速球が注目され、全日本代表メンバーに抜擢。
1989年度ドラフト会議で中日ドラゴンズが1位指名で交渉権を獲得。
当初は在京球団を希望していたが、後に契約金7500万円、年俸720万円(金額は推定)で入団合意した。
初登板は1990年4月7日の横浜大洋ホエールズとの開幕戦で、同点で迎えた延長の11回表無死1、3塁のピンチでのリリーフ登板であったが2つの三振を含む無失点に抑えた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

芸名与田剛 性別男性 生年月日1965/12/04 星座いて座 干支巳年 血液型AB 出身地千葉県 身長182cm 体重89kg 職種スポーツ 好きなスポーツ野球 プロフィール1965年12月4日福岡生まれ。千葉県出身。木更津中央高校―亜細亜大学―NTT東京を経て、1990年、ドラフト1位で中日に入団。150キロを超える剛速球を武器に鮮烈デビュー。この年、157キロの日本最速記録をマークし、最優秀新人賞と最優秀救援投手賞に輝く。1996年6月、千葉ロッテのトレードで移籍し、直後に大リーグ2Aメンフィスチックスに野球留学。1997年オフ、千葉ロッテを自由契約になり、日本ハムにテスト入団。再起をかけ、右肘を手術。リハビリの末、1999年10月、1620日ぶりに一軍のマウンドに立ち、感動を呼んだ。が、その直後、日本ハムを自由契約に。2000年、野村監督の下、阪神にテスト入団。34歳の挑戦は“リストラの星”と呼ばれ、共感を得た。2000年秋、引退。2001年からNHK解説者としてメジャーリーグ放送を中心に活躍。オールスター、ワールドシリーズなどの解説を担当。2009年には、WBCで原ジャパンのピッチングコーチを務め、世界一となり、紫綬褒章を受章。同年4月よりNHK『サンデースポーツ』メインキャスターを2年間務めた。2013年3月のWBCでは再び、侍ジャパンのピッチングコーチを務めた。 代表作品NHK『サタデースポーツ』/NHK『サンデースポーツ』/CM『えりピカそでピカ』 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 投手
  • 選手
  • コーチ
  • プロ野球
  • アナウンサー
  • イーグルス
  • ゴールデン
  • タイトル
  • 与田
  • 北九州市
  • 千葉県
  • 君津市
  • 年度
  • 引退
  • 成績
  • 木場弘子
  • 東北
  • 楽天
  • 登録
  • 福岡県
  • 表彰
  • 記録
  • 詳細
  • 野球
  • よだ
  • テレビ
  • 二軍
  • 出身
  • 剛士
  • 右打
  • 右投
  • 夫人
  • 現在
  • 背番号