生年月日データベース

松島詩子

歌手[日本]

1905年 5月12日

松島詩子 - ウィキペディアより引用

松島 詩子(まつしま うたこ、本名:内海 シマ、1905年5月12日 - 1996年11月19日)は、日本の歌手。
山口県玖珂郡日積村(現在の柳井市の一部)出身。
夫は戦前期浅草オペラやニットーレコードで歌手として活躍した内海一郎(1898年 - 1972年)。
1923年、山口県玖珂郡立柳井高等女学校(現在の山口県立柳井高等学校)卒業。
1929年、山口県玖珂郡日積小学校教師となる。
1927年、広島に出て広島市段原小学校教師(現:南区段原)。
1929年、小学校音楽教員免許取得。
1930年、忠海高等女学校(現:広島県立忠海高等学校)代用教員。
1931年、文検合格、正式教員。
1932年、歌手になりたいとの思いが強く、忠海高女を退職し上京。
作曲家佐々木すぐるの勧めで日本コロムビアより柳井はるみという名前でデビュー。
その後、テイチクなどでも吹き込みを行う。
その際は千早淑子という名だった。
その他、藤田艶子(リーガル、パーロフォン)、東貴美子などという芸名も持つ。
1935年、キングレコードに移籍。
現在の芸名となる。
命名者は山田耕筰。
「夕べ仄かに」が初ヒット。

■ 音楽作品

歌手 教員を得た後、若き日の夢であった歌手を志し、上京。1937年の「マロニエの木蔭」は自身の大ヒット作である。*1 戦後は、初期の「紅白歌合戦」に10回出場。また、「ライオンのいただきます」にも出演した。 1996年に91歳で死去。 *1:現在でも、「出没!アド街ック天国」で「〇〇物語」という地名の由来のコーナーでインストゥルメンタルで使われる (引用元 Hatena Keyword)

「松島詩子」と関連する人物

連想語句
  • アルバム
  • エピソード
  • オペラ
  • グラフィー
  • シングル
  • テレビ
  • ディスコ
  • ニットー
  • ベスト
  • マロニエ
  • レコード
  • 一郎
  • 内海
  • 出場歴
  • 山口県
  • 日積
  • 木蔭
  • 柳井市
  • 浅草
  • 玖珂郡
  • 番組
  • 秘話
  • 紅白歌合戦
  • 著書
  • 誕生
  • 関連
  • 一部
  • 出身
  • 戦前
  • 歌手
  • 活躍
  • 現在