生年月日データベース

松平広忠まつだいらひろただ

戦国武将[日本]

(徳川家康の父、大永6年4月29日生)

(ユリウス暦) 1526年 6月9日

(ユリウス暦) 1549年 4月3日 死去享年24歳
松平広忠 - ウィキペディアより引用

松平 広忠(まつだいら ひろただ)は、戦国時代の武将。
三河国額田郡岡崎城主。
松平宗家8代当主。
松平清康の子。
徳川家康の父。
出自など 生年 「武徳大成記」が大永6年4月(1巻72頁)とし「三家考」および「御九族記」(寛保3・1743年成立)は同年4月29日としている。
「改正三河後風土記」(上巻151頁)「徳川実紀」(1巻22頁)がこれを踏襲している。
「朝野旧聞裒藁」(1巻407頁)「徳川幕府家譜」(18頁)は大永6年と記すにとどめている。
「松平記」(107頁)や「三河記大全」は天文18年に24歳で死去とするので、生年は同じになる。
このほか25歳とするもの(「創業記考異」ただし一説にとして24歳と記す)また27歳で死去とするもの(「三州八代記古伝集」)もあり、同書の記述から逆算できる広忠の生年は大永3年(1526年)である。
「三河物語」は23歳とするが年次の記述がない(69頁)。
生母 青木貞景の娘とされているが(「徳川幕府家譜」18頁「徳川実紀」1巻21頁)、清康の室であった松平信貞の娘とする異説もある(広忠を「弾正左衛門」信貞の実孫とする『新編岡崎市史6』851および852頁所収の「大林寺由緒」また「朝野旧聞裒藁」1巻737頁「大樹寺御由緒書」も同旨)。

■ 関連書籍

松平清康の嫡子。徳川家康の父。妻は水野忠政女・お大の方、後妻は戸田宗光女・真喜姫。 天文四年(1535)守山崩れの後、以前から対立関係にあった大叔父・桜井松平信定の圧迫により岡崎を追放され亡命生活を余儀なくされる。 天文六年(1537)今川義元や吉良持広の支援を得て岡崎に復帰。 天文十二年(1543)叔父の松平信孝を追放するが、信孝との抗争は5年後の信孝の戦死まで続く。 天文十六年(1547)織田信秀に安城城を攻め落とされ窮地に陥り、助力を願うため今川氏に幼少の嫡子竹千代を人質として送るが織田方に寝返った戸田氏によって織田氏のもとに送られてしまう。 しかし翌年、今川義元は太原雪斎を大将とした軍を派遣し、小豆坂の戦いにて織田氏を退けた。 天文十八年(1549)岩松八弥に斬られて横死を遂げた。隣国や一族・重臣に翻弄された生涯であった。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 青木
  • 小豆坂
  • 戦い
  • 一説
  • 三河
  • 井田
  • 伊勢
  • 兄弟
  • 出自
  • 婚姻
  • 安祥
  • 岡崎
  • 幼名
  • 徳川家康
  • 忌日
  • 攻防
  • 放浪
  • 松平清康
  • 森山
  • 死因
  • 生年
  • 生母
  • 織田
  • 貞景
  • 進攻
  • 還住
  • 野合
  • 離別
  • 当主
  • 法名
  • 葬地
  • 贈官