誕生日データベース

三田紀房みたのりふさ

漫画[日本]

1958年 1月4日

三田 紀房(みた のりふさ、1958年1月4日 - )は、日本の漫画家。
岩手県北上市出身。
岩手県立黒沢尻北高等学校、明治大学政治経済学部卒業。
大学の体育会に至るまでの剣道競技経験を持ち、その経験は初期の作品『空を斬る』に色濃く反映されている他、村上もとかの代表作である『六三四の剣』に影響を与えるにも至った(『六三四の剣』は三田の故郷である岩手県が舞台でもある)。
大学卒業後 大学4年の盆過ぎに初めて就職相談を行った結果、流通業界しか採用活動をしていなかった事から、大学卒業後はそのまま西武百貨店へ就職。
しかし1年後、2つの衣料品店を経営していた実父が、店の業績が芳しくない中で体調を崩してしまった事から、退職して岩手の実家に戻り兄とともに家業を手伝う。
しかし、経営不振に悩む中、家業を継いでから2年後に父は病死、その後多額の借金の存在も明らかになり資金繰りに苦しむ事になる。
店の経営に悩む中マンガ雑誌の新人募集の広告が目に留まり、賞金を得ようと漫画の製作・新人賞応募を即決。

■ 映像作品

■ 関連書籍

「三田紀房」と関連する人物

連想語句
  • 大学
  • 連載
  • 作品
  • 六三四
  • 卒業
  • リスト
  • 剣道
  • 北上市
  • 北高
  • 学校
  • 学部
  • 岩手
  • 政治
  • 明治
  • 村上もとか
  • 県立
  • 終了
  • 経済
  • 経験
  • 著書
  • 評価
  • 関連
  • 黒沢尻
  • そのまま
  • 三田
  • 代表作
  • 体育会
  • 出身
  • 初期
  • 反映
  • 就職
  • 岩手県
  • 影響
  • 採用
  • 故郷
  • 業界
  • 活動
  • 流通
  • 相談
  • 競技
  • 結果
  • 舞台
  • 西武
  • 西武百貨店