誕生日データベース

浪越徳治郎なみこしとくじろう

指圧師[日本]

1905年 11月15日

2000年 9月25日 死去享年96歳
浪越徳治郎 - ウィキペディアより引用
浪越 徳治郎(なみこし とくじろう、1905年11月15日 - 2000年9月25日)は、香川県仲多度郡多度津町出身。
指圧療法創始者。
日本指圧協会元会長。
7歳のとき、北海道虻田郡留寿都村に移住。
多発性関節リウマチの母の痛みを和らげたいという一心から揉んだり擦ったりするうち、指で押すことで痛みが和らぐことを発見する。
後にこの技術を指圧と名づけ、多くの人にその技術を広めるため、1940年、東京市小石川区に指圧学校を設立した。
マリリン・モンローが新婚旅行で来日した際に、胃痙攣(けいれん)で体調を崩したモンローに素手で触って指圧した唯一の日本人である。
このことについて浪越は「そりゃあもう、とにかく綺麗な方でしたよ。
いつもより三倍くらい時間をかけてしまいました」と後にテレビ番組の中で述懐している。
他にも、モハメド・アリや吉田茂首相をはじめとした歴代の内閣総理大臣、A級戦犯を裁いた東京裁判のジョセフ・キーナン首席検事など、国内外の著名人を治療したことにより、日本はもとより全世界に指圧(SHIATSU)を普及させた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

連想語句
  • 浪越
  • 仲多度郡
  • 出典
  • 北海道
  • 多度津町
  • 徳治郎
  • 指圧
  • 留寿都村
  • 虻田郡
  • 資料
  • 香川県
  • とくじろう
  • ふるさと
  • みこし
  • アッハー
  • ジェット
  • ルスツ
  • 主題
  • 公園
  • 別名
  • 死没
  • 生誕
  • 職業
  • 設置
  • 銅像
  • 関係