誕生日データベース

松岡修造まつおかしゅうぞう

元プロテニス選手、解説者[日本]

1967年 11月6日

松岡修造 - 元プロテニス選手、解説者

松岡 修造(まつおか しゅうぞう、1967年11月6日 - )は、東京都出身の日本の元男子プロテニス選手、テニス指導者。
身長188cm、体重85kg。
右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。
ATP自己最高ランキングはシングルス46位、ダブルス95位。
ATPツアーでシングルス1勝(日本人男子初のATPツアーシングルス優勝)、ダブルス1勝を挙げた。
日本人男子として62年振りにグランドスラムベスト8に進出した人物である。
また現在、ウィンブルドン選手権では日本人男子最後のベスト8進出者となっている。
また、ウィンブルドン選手権での通算7勝は2015年に錦織圭に抜かれるまで日本人最多の記録であった。
現役引退後はジュニア選手の指導やテニス大会の運営、日本テニス協会の理事を務めるなど引き続きテニスに携わりつつ、スポーツキャスター、タレントとしても活動している。
選手経歴(〜1985年ジュニア時代まで) 幼少期〜慶應義塾時代 阪急電鉄や宝塚歌劇団などの阪急東宝グループ創始者の小林一三の孫で、後に東宝第11代社長となる実業家の松岡功と元宝塚歌劇団星組男役スターであった千波静との間に三人姉弟の次男として生まれる。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

日本の元プロテニス選手、テニス指導者。1967年11月6日、東京都生まれ。父は東宝第11代社長で国内テニストップ選手の一人だった松岡功、母は宝塚元男役スターの千波静。10歳の頃からテニスを始め、慶應義塾中等部2年生の時に「全国中学生テニス選手権大会」で優勝。85年には、高校を中退し米国フロリダ州タンパにテニス留学する。86年、プロに転向した。88年1月「全豪オープン」に初出場。同年8月「全米オープン」で4大大会でのシングルス初勝利を挙げた。同年9月「ソウルオリンピック」に出場。89年「BP国際選手権」で初のツアーシングルス準優勝。その後、故障に悩まされ選手生命も危ぶまれたが、91年にツアー復帰。92年「韓国オープン」で日本男子選手で初となるATPツアーシングルス優勝を達成した。同年6月「クイーンズ・クラブ選手権」で準優勝し、世界ランキング46位(自己最高)を記録。95年の「ウィンブルドン選手権」では、日本人男子として62年ぶりとなるベスト8に進出した。翌96年には五輪3大会連続となる「アトランタオリンピック」出場を果たす。98年、30歳で現役引退。生涯通算成績は173勝207敗、ツアー通算2勝。引退後は、ジュニア育成や日本テニス協会の理事を務める一方、スポーツキャスター・タレントとしても活躍している。 (2014-9-10) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • テニス
  • ウィンブルドン
  • スポーツ
  • 日本
  • 男子
  • 選手権
  • シングルス
  • 協会
  • キャスター
  • 日本人
  • オリンピック
  • グランドスラム
  • タレント
  • ダブルス
  • ツアー
  • ベスト
  • マネジメント
  • ミズノ
  • 委員会
  • 理事
  • 錦織圭
  • インターナショナル
  • グループ
  • ジュニア
  • ストローク
  • ニス
  • ニュース
  • バックハンド
  • プロテ
  • ランキング
  • 優勝
  • 右利き
  • 大会
  • 委員
  • 専門
  • 引退
  • 強化
  • 手打ち
  • 指導
  • 振興
  • 最多
  • 最後
  • 最高
  • 本部
  • 活動
  • 現在
  • 現役
  • 環境
  • 自己
  • 解説者
  • 記録
  • 財団
  • 通算
  • 進出
  • 進出者
  • 運営
  • 選手
  • 部長
  • 顧問