生年月日データベース

恩田陸おんだりく

作家[日本]

1964年 10月25日

恩田陸 - 作家

恩田 陸(おんだ りく、本名: 熊谷 奈苗(くまがい ななえ)、1964年10月25日 - )は、日本の女性小説家。
宮城県仙台市生まれ。
宮城県出身だが、父親の仕事の関係でたびたび転居した。
幼児期を長野県松本市で過ごした後、小学2年生の春休みに富山県富山市へ移り、その後は秋田県秋田市に小学5年生の終わりから1年間、宮城県仙台市に中学生の2年間、中学3年生から高校卒業までを茨城県水戸市で過ごす。
茨城県立水戸第一高等学校、早稲田大学教育学部卒業。
大学では、ビッグバンドのハイソサエティー・オーケストラに所属し、アルト・サックスを演奏しており、また2年次にはワセダミステリクラブに所属していた。
卒業後、生命保険会社のOLをするが、2年後に過重労働で入院する。
復帰の後に酒見賢一の『後宮小説』を読み、その才能と、いつか遠い先に作家になれたらと思っていたが、作者の年齢が1歳上であまり違わず、ショックを受け、勤務しつつ半年後に作家活動を開始する。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

おんだりく 1964年(昭和39年)、宮城県生れ。水戸第一高校卒、早稲田大学卒。1992年、日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となった『六番目の小夜子』でデビュー。ホラー、SF、ミステリーなど、さまざまなタイプの小説で才能を発揮している。ファンには“ノスタルジーの魔術師”の異名で親しまれている。 2005年(平成17年)、『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞受賞。同年、同じく『夜のピクニック』で第2回本屋大賞受賞。 『六番目の小夜子』(新潮社、ISBN:4101234132) 『球形の季節』(新潮社、ISBN:4101234124) 『不安な童話』(新潮社、ISBN:4101234140) 『三月は深き紅の淵を』(講談社、ISBN:4062648806) 『光の帝国 常野物語』(集英社、ISBN:4087472426) 『象と耳鳴り』(祥伝社、ISBN:4396330901) 『木曜組曲』(徳間書店、ISBN:4198917590) 『月の裏側』(幻冬舎、ISBN:4344402626) 『ネバーランド』(集英社、ISBN:4087475778) 『麦の海に沈む果実』(講談社、ISBN:4062739275) 『上と外』(幻冬舎、ISBN:4344002997) 『puzzle』(祥伝社、ISBN:4396328095) 『ライオンハート』(新潮社、ISBN:4101234159) 『MAZE』(双葉社、ISBN:4575509086) 『ドミノ』(角川書店、ISBN:4043710011) 『黒と茶の幻想』(講談社、ISBN:4062110970) 『図書室の海』(新潮社、ISBN:4103971045) 『劫尽童女』(光文社、ISBN:4334923585) 『ロミオとロミオは永遠に』(早川書房、ISBN:4152084375) 『ねじの回転』(集英社、ISBN:4087745856) 『蛇行する川のほとり』(中央公論新社、ISBN:4120033368,ISBN:4120033899,ISBN:4120034267) 『まひるの月を追いかけて』(文芸春秋、ISBN:4163221700) 『クレオパトラの夢』(双葉社、ISBN:457523 …… (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 作品
  • 連載
  • アンソロジー
  • エッセイ
  • エピソード
  • リスト
  • 中断
  • 仙台市
  • 作風
  • 共著
  • 受賞歴
  • 宮城県
  • 小説
  • 戯曲
  • 紀行文
  • 終了
  • 編纂
  • 青森市
  • 青森県
  • 出身
  • 収録