生年月日データベース

原博実はらひろみ

男子サッカー選手、監督[日本]

1958年 10月19日 生 (満59歳)

原 博実(はら ひろみ、1958年10月19日 - )は、日本の元サッカー選手、サッカー指導者、サッカー解説者。
栃木県那須塩原市(旧・黒磯市)出身。
公益社団法人日本プロサッカーリーグ副理事長、日本サッカー協会常務理事。
横浜スポーツ&カルチャークラブでスタジアムDJを務める原大悟は実子。
選手時代 小学5年生時からサッカーに傾倒し、中学生の頃には長身を活かしたヘディングを得意とした。
1974年に矢板東高校へ進学し、栃木県選抜として国体でベスト4入り。
当時は西ドイツのFWウーヴェ・ゼーラーのプレーを参考にしていた。
1977年に早稲田大学教育学部へ進学。
1978年の総理大臣杯では法政大学を相手に得点を重ねて優勝を果たした。
大学選抜として参加した1979年のユニバーシアードでは、ゼーラーに影響されて身に付けた相手よりも早く跳ぶヘディングで海外の190cmクラスのセンターバックを相手にしても競り負けず8試合で7得点を挙げた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

サッカー選手・指導者・解説者。 ポジションはフォワード。 1958年10月19日生まれ。栃木県出身。 矢板東高校から早稲田大学を経て三菱重工業に入社。 日本代表として国際Aマッチ75試合出場(歴代4位)/37ゴール(歴代3位)という輝かしい実績を残し、「アジアの核弾頭」との異名を取った。 1992年現役引退。浦和レッズのコーチ・ユース監督などを経て、1998年監督就任。 1999年ファーストステージの成績不振により引責辞任。 退団後はサッカー解説者として絶大な人気を誇り、「ヒロミスタ」と呼ばれる解説ファンまでも生み出した。「いい時間帯」「入った」のフレーズはあまりにも有名。 2002年よりFC東京の監督に就任、攻撃サッカーを標榜し、自身が愛してやまないスペインのクラブサッカーをモデルとしたチーム作りに着手、クラブ史上最高のJ1リーグ戦年間順位(4位・2003年)や、カップ戦では2004Jリーグヤマザキナビスコカップ優勝(FC東京にとっても初タイトル)などの実績を残している。 なお、4バックをこよなく愛する監督であることでも知られている。 2005年限りで退団、スカパー!などのサッカー中継の解説、サッカー番組に2006年より復帰。 2007年、FC東京監督に復帰。 ネット界隈ではしばしばハラ(半角カナ)ヒロミ(全角カナ)と表記される。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • リーグ
  • 日本サッカー協会
  • 時代
  • サッカー
  • スポーツ
  • 法人
  • カルチャー
  • クラブ
  • プロ
  • 公益
  • 役員
  • 戦術
  • 指導者
  • 日本
  • 東京
  • 栃木県
  • 横浜
  • 浦和レッドダイヤモンズ
  • 監督
  • 社団
  • 育成
  • 若手
  • 解説
  • 解説者
  • 評価
  • 評論
  • 選手
  • 那須塩原市
  • 黒磯市
  • スタジアム
  • 出身
  • 副理事長
  • 大悟
  • 実子
  • 常務
  • 理事