生年月日データベース

室伏広治むろふしこうじ

陸上ハンマー投げ選手[日本]

1974年 10月8日 生 (満45歳)

 - ウィキペディアより引用

室伏 広治(むろふし こうじ、1974年(昭和49年)10月8日 - )は、静岡県沼津市出身の日本の男子ハンマー投選手、スポーツ科学者(中京大学博士)。
東京医科歯科大学教授。
学位は博士(体育学)。
専門は陸上競技(ハンマー投)、スポーツ科学、スポーツパフォーマンス・システム研究。
特にアスリートのパフォーマンス向上に関する研究。
フルネームは室伏アレクサンダー広治(Koji Alexander Murofushi)。
陸上選手としての所属はミズノ(正確にはミズノ株式会社スポーツプロモーション部ミズノトラッククラブ)。
2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会理事。
主な実績に2001年世界陸上エドモントン大会銀メダル受賞、2004年アテネオリンピック金メダル受賞、2011年世界陸上大邱大会金メダル受賞、2012年ロンドンオリンピック銅メダル受賞。
2004年のアテネ五輪金メダルを評価され、紫綬褒章を授与されている。
父親は「アジアの鉄人」こと室伏重信(前日本記録保持者、中京大学名誉教授。

映像作品

関連書籍

フルネームは室伏アレクサンダー広治。男子ハンマー投げ選手で、1974年10月8日、静岡県沼津市の生まれ。2004年アテネ・オリンピックの金メダリスト。08年北京オリンピックでは惜しくもメダルを逃すが、11年の世界陸上大邱(テグ)大会を制し、日本陸上史上初の五輪・世界選手権二冠覇者。12年ロンドン・オリンピックでは銅メダルを獲得した。MTC(ミズノトラッククラブ)に所属、母校中京大学の教員を務める(2012年現在)。 父は「アジアの鉄人」とうたわれたオリンピック歴戦の男子ハンマー投げ選手の室伏重信、母は18歳で欧州ジュニア選手権を制したルーマニアのセラフィナ・モリッツ。幼少のときから英才教育を受け、高校進学後にハンマー投げに進み日本高校新記録を打ち立てるなど数々の快挙を成し遂げている。1998年には父の保持していた日本記録を更新し、2003年6月のプラハ国際陸上では84メートル86を投げて日本記録を樹立し、「世界の鉄人」とも評される。 ハンマーを投げる瞬間には、400キログラムを超える負荷がかかり非常に強靭(きょうじん)な筋力が求められるため、選手によるドーピングの横行が常々憂慮される。04年のアテネ・オリンピックでは1位となった選手がドーピング疑惑で失格、室伏が金メダルを獲得した。08年北京オリンピックでも、上位選手のドーピング疑惑により3位に繰り上がりとなったが、後の処分取り消しにより5位入賞にとどまった。何度かけがや体調不良などに悩まされてきたが、その度に復帰を果たしている。 11年の世界陸上で金メダルを獲得した際は、東日本大震災に見舞われた宮城県石巻市の中学校の生徒たちから託された …… (引用元 コトバンク)