生年月日データベース

ジェルマン・アンリ・ヘスGermain Henri Hess

化学者[スイス→ロシア]

1802年 8月7日

1850年 11月30日 死去享年49歳
 - ウィキペディアより引用

ジェルマン・アンリ・ヘス(Germain Henri Hess、1802年8月7日 - 1850年11月30日)はスイス生まれのロシアの化学者である。
化学反応の反応熱の総量は、その反応の初めの状態と終わりの状態で決まり、途中の経路には関係しないというヘスの法則を1840年に発表した。
時期的にはマイヤーがエネルギー保存則の論文を書く2年ほど前である。
ジュネーヴに生まれたが、家族と共にロシアに移住した。
現在のエストニアのドルパート大学で医学を学び、後にストックホルムのベルセリウスのもとで化学を勉強した。
1830年からサンクトペテルブルクに移り化学の教授になった。
ヘスの法則についての論文は1840年に発行された。
それ以外の業績としては、鉱物に関する研究があり、銀とテルルの鉱石にヘッス鉱(Hessite)の名前が残されている。
典拠管理 BNF: cb105016734 (データ) GND: 116765070 ISNI: 0000 0001 0984 4814 LCCN: n94013983 NKC: nlk20000086005 NLP: A28338923 NTA: 175497044 SUDOC: 137271565 VIAF: 69690856 WorldCat Identities: lccn-n94013983 「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ジェルマン・アンリ・ヘス&oldid=76322024」から取得 カテゴリ: ロシアの化学者19世紀の自然科学者サンクトペテルブルク科学アカデミー正会員ジュネーヴ出身の人物スモレンスキー・ルーテル派墓地に埋葬された人物1802年生1850年没隠しカテゴリ: BNF識別子が指定されている記事GND識別子が指定されている記事ISNI識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事NKC識 ……

「ジェルマン・アンリ・ヘス」と関連する人物