生年月日データベース

稲葉清右衛門いなばせいえもん

技術者経営者[日本]

(ファナック名誉会長)

1925年 3月5日

2020年 10月2日 死去老衰享年96歳

稲葉 清右衛門(いなば せいえもん、1925年(大正14年)3月5日 - 2020年(令和2年)10月2日)は、日本の技術者、経営者。工学博士(東京工業大学、1965年)。富士通で電気油圧パルスモーターや数値制御器の研究開発に従事し、NC工作機械の黎明期に大きな業績を残す。富士通の計算制御部から分離独立したファナックでは、経営者として同社をNC装置、産業用ロボットのトップメーカーに育て上げた。 富士通ファナック専務、副社長、社長、ファナック社長、代表取締役会長、相談役名誉会長を歴任し、精密工学会会長、日本ロボット学会副会長、日本産業用ロボット工業会会長なども務めた。NC関係の標準化活動にも実績がある。エンゲルバーガー賞、紫綬褒章、藍綬褒章、勲二等瑞宝章を受けた。位階は従四位。ブルガリアやルクセンブルク大公国からも勲章を受けている。

稲葉清右衛門さんが誕生してから、99年と106日が経過しました。(36266日)
亡くなってから、3年と260日が経ちました。(1356日)
34910日間 生きました。