生年月日データベース

シャリーファ・ディナー・ビント・アブドゥルハミードDina bint Abdul-Hamid

ハーシム家王女[ヨルダン]

(フセイン1世の最初の妻(1955-1957))

1929年 12月15日

2019年 8月21日 死去享年91歳
シャリーファ・ディナー・ビント・アブドゥルハミード - ハーシム家王女

シャリーファ・ディナー・ビント・アブドゥル=ハミードは、1929年12月15日にエジプト王国のカイロで、シャリフ・アブドゥル・ハミド・ビン・ムハンマド・アブドゥル・アジズ・アル・アウン(1898〜1955)と彼の妻ファリア・ブラフ(1982年に死亡)との間に生まれた、ハーシム家の王女です。ハーシム家の一員である彼女は、イスラム教の預言者ムハンマドの孫であるハサン・イブン・アリの子孫として、「メッカのシャリファ」を名乗る権利がありました。 他のアラブ貴族の多くの子弟たちのように、ディナはイングランドの寄宿学校に送られました。彼女はその後、ケンブリッジ大学のガートン大学で英文学の学位を取得し、ロンドンのベッドフォード大学で社会科学の卒業証書を取得しました。 帰国後、彼女はカイロ大学で英文学と哲学を教え始め、両親と一緒に裕福なマアディ郊外に住んでいましたが、フセイン王と結婚し、ヨルダンの女王となりました。彼女はフセイン王との間に、プリンセス・アリア・ビント・フセインを生みました。二人の結婚生活は1955年から1957年の2年しか続かず、後の1970年に、彼女はPLOの高官と再婚しました。

シャリーファ・ディナー・ビント・アブドゥルハミードさんが誕生してから、92年と289日が経過しました。(33892日)
亡くなってから、3年と40日が経ちました。(1136日)
32756日間 生きました。