生年月日データベース

成田郁久美なりたいくみ

元女子バレーボール選手[日本]

(旧姓・大懸)

1976年 1月1日 生 (満43歳)

成田 郁久美(なりた いくみ、1976年1月1日 - )は、日本の元女子バレーボール選手。
旧姓大懸(おおがけ)。
北海道旭川市出身。
ニックネームはイク。
三人姉妹の次女として生まれる。
小学校4年生から旭川神居ジュニアでバレーボールを始め、6年生の時第7回ライオンカップで全国制覇を果たす。
神居中学校から旭川実業高校に進み、1年生から活躍。
2年生では高校総体で準優勝の原動力となった。
1994年、NECレッドロケッツに入団。
レフトのポジションで攻守両面で活躍。
1996年アトランタオリンピックに最年少メンバー(20歳)として参加し全試合に出場した。
1997年、黒鷲旗大会で優勝、MVPを獲得。
1998年5月、国際バレーボール連盟より1997年度世界ベスト6、アジアバレーボール連盟より、アジアベストプレーヤーに選出された。
世界選手権、ワールドカップでは全日本のエースとして攻守にわたり大活躍した。
1999-2000年第6回Vリーグでは、NECレッドロケッツの主将としてチームを牽引し、21戦全勝の完全優勝に導いた。

元女子バレーボール選手。ポジションはウイングスパイカー、リベロ。ニックネームはイク。 1994年、NECレッドロケッツに入団。 1996年、全日本代表入りを果たし、アトランタオリンピックに出場した。 2001年に現役引退したが、2003年秋、久光製薬スプリングスに入団して現役に復帰した。 2003年に結婚。大懸姓から成田姓となった。 2004年5月のオリンピック世界最終予選と8月のアテネオリンピックではリベロを務めた。 2007年6月末日を以て、久光製薬スプリングスを退団。同年9月、NECレッドロケッツに復帰。 2009年、パイオニアレッドウイングスに移籍。2011年6月、現役引退。 (引用元 Hatena Keyword)