生年月日データベース

加藤土師萌かとうはじめ

陶芸家[日本]

1900年 3月7日

1968年 9月25日 死去享年69歳

加藤土師萌(かとう はじめ、1900年3月7日 - 1968年9月25日)は日本の陶芸家。
1961年に人間国宝に認定された。
東洋の陶磁器に対して高い見識を持つ。
教え子に鳴海要などがいる。
1900年 愛知県瀬戸市に生まれる 1914年 瀬戸初の創作者集団瀬戸図案研究会設立。
日野厚に陶芸図案を学ぶ。
以後、1921年まで愛知県窯業学校助手等を務め、陶磁器の図案を習得 1926年美濃に移る。
岐阜県陶磁器試験場に勤務、研究と作陶を行う 1927年第8回帝展初入選(工芸部門が新設された回である)。
新文展、日展に出品を続け、その後日本伝統工芸展へと発表の場を移している 1937年パリ万国博覧会でグランプリ受賞 1940年横浜市日吉に築窯、独立。
中国明朝の黄地紅彩を復元 1951年 黄地紅彩が重要無形文化財に指定。
その後も金襴手・青白磁など磁器を研究 1955年 東京藝術大学に陶芸科が創られ初代教授就任 1961年4月27日、重要無形文化財「色絵磁器」保持者(人間国宝)認定 1966年 日本工芸会理事長就任。

「加藤土師萌」と関連する人物