生年月日データベース

リロ・ブランカトーLillo Brancato Jr.

俳優犯罪者[コロンビア→アメリカ]

1976年 3月30日 生 (満47歳)

リロ・ブランカトー - 俳優、犯罪者

リロ・ブランカトー・ジュニア (出生名・Saul Rodriguez) は、1976年8月30日、コロンビア・ボゴタ生まれの俳優。生後4か月でイタリア系アメリカ人リロ・ブランカトーの養子となり、合衆国に移住した。1993年製作でロバート・デニーロ主演の映画「ブロンクス物語」において、カロジェロ・アネロ役を演じたことで最も良く知られる。しかし彼は、映画界入りした1992年頃からすでにドラッグやアルコールに手を染めており、20代半ば頃にはコカインやヘロインの常習者となっていた。2005年6月に、ニューヨーク市警が運転中のブランカトーを職務質問した際、車内にヘロインが隠されているのを発見し、彼は逮捕された。その6か月後の2005年12月には、ブランカトーが28歳のニューヨーク市警察官を射殺し、再び逮捕された。ブランカトーは2級殺人で有罪判決を受け、2013年12月31日まで服役した。2020年の時点で、彼は俳優業復帰を望んでいるが、その願いは叶っていない。

推定関連画像

リロ・ブランカトーさんが誕生してから、47年と252日が経過しました。(17419日)