生年月日データベース

エリエル・サーリネンGottlieb Eliel Saarinen

建築家[フィンランド]

1873年 8月20日

1950年 7月1日 死去享年78歳
エリエル・サーリネン - ウィキペディアより引用

ゴットリーブ・エリエル・サーリネン (Gottlieb Eliel Saarinen, 1873年8月20日 - 1950年7月1日)は、フィンランドの南東部の町・ランタサルミ生まれの建築家・都市計画家。
20世紀初頭、フィンランドにアール・ヌーヴォー様式の建築を多く建てた人物。
後にアメリカ合衆国に移り、アールデコの時代の超高層ビルデザインに大きな影響を与えたほか、美術やデザインの教育に力を入れた。
アメリカの建築家エーロ・サーリネンは息子。
生涯 サーリネンはロシア帝国領だったフィンランドのヘルシンキで美術の教育を受け、後にヘルシンキ工科大学で建築を学んだ。
彼は学校でともに学んだヘルマン・ゲゼリウスやアルマス・リンドグレンと事務所を作り共同生活した。
彼の最初の大きな作品は、1900年パリ万博のフィンランド・パヴィリオンであり、フィンランドの木造建築、イギリスのゴシック・リヴァイヴァル建築、ドイツのユーゲント・シュティールなどさまざまな様式からの影響をひとつに纏め上げた作品であった。