生年月日データベース

ジャスティン・ウィルソンJustin Wilson

インディカー・レーシングドライバー[イギリス]

1978年 7月31日

2015年 8月24日 死去レース中の事故享年38歳
ジャスティン・ウィルソン - ウィキペディアより引用

ジャスティン・ボイド・ウィルソン(Justin Boyd Wilson、1978年7月31日 - 2015年8月24日)はイギリス(イングランド)、シェフィールド出身のレーシングドライバー。
身長191cm、体重88kg。
経歴[編集] フォーミュラ・ヴォグゾールなどの下位カテゴリーを経て国際F3000に出走し、2001年にはチャンピオンを獲得した。
同年にはジョーダン・グランプリのテストにも参加した。
2002年にはミナルディのテストドライバーとなり、翌2003年にはレギュラードライバーの座を得てF1に参戦した。
しかし彼は191cmという長身であったため、ミナルディは大きなモノコックを製作する必要があった。
2003年のドイツグランプリ以降は、アントニオ・ピッツォニアの解雇によりジャガー・レーシングに移籍した。
同年のアメリカグランプリでは8位に入賞し、初の選手権ポイントを獲得した。
2004年以降は活動の場をアメリカに移し、チャンプカーに参戦。
2005年トロントで初勝利し、通算4勝の実績を残す。
2008年からはチャンプカーのインディカーとの統合に伴いインディカーにニューマン・ハース・レーシングから参戦。
第16戦デトロイトで初勝利を挙げた。
年間ポイントランキングでは11位に入り、ルーキーの中では武藤英紀に次いで2位であった。
2009年はニューマン・ハース・レーシングのシートを失ったが、デイル・コイン・レーシングのシートを獲得し引き続きインディカーに参戦。
開幕戦のセント・ピーター ……

ジャスティン・ウィルソンさんが誕生してから、45年と359日が経過しました。(16795日)
亡くなってから、8年と335日が経ちました。(3257日)
13538日間 生きました。