生年月日データベース

アントニオ・パチノッティAntonio Pacinotti

物理学者文学者[イタリア]

1841年 6月17日

1912年 3月24日 死去享年72歳
アントニオ・パチノッティ - ウィキペディアより引用

アントニオ・パチノッティ(Antonio Pacinotti、1841年6月17日 - 1912年5月22日) はイタリアの物理学者、直流発電機の発明者である。
ピサ大学の物理学の教授である。
直流発電機の発明者として知られる。
1865年に発表したIl Nuovo Cimentoの論文のなかで発表した。
リング状の電機子のまわりに導線をまく構造を考案し、これは従来のものよりも安定した直流がえられた。
この装置は電動機としても用いることができることも見出した。
1862年のスウィフト・タットル彗星(109P/Swift-Tuttle)の発見者のひとりである。

アントニオ・パチノッティさんが誕生してから、182年と258日が経過しました。(66734日)
亡くなってから、111年と344日が経ちました。(40887日)
25847日間 生きました。