生年月日データベース

ジョルジュ・サンドGeorge Sand

作家[フランス]

1804年 7月1日

1876年 6月8日 死去享年73歳
 - ウィキペディアより引用

ジョルジュ・サンド(George Sand、1804年7月1日 – 1876年6月8日)は、フランスの女流作家であり、初期のフェミニストとしても知られる。
本名をアマンディーヌ=オーロール=リュシール・デュパン(Amandine-Aurore-Lucile Dupin)、デュドヴァン男爵夫人(Baronne Dudevant)という。
生涯 1804年にパリで軍人貴族の父と庶民の母との間の婚前妊娠子として生まれた。
彼女の曽祖父には軍事思想家のモーリス・ド・サックスがいる軍事貴族の家系である。
父が早く亡くなったため子供時代はアンドル県ノアンにある父方の祖母の館で過ごし、この田舎での生活はのちに 『魔の沼』 『愛の妖精』 などの田園小説のモチーフとなった。
1822年にカジミール・デュドヴァン男爵(Baron Casimir Dudevant)と結婚しモーリス(Maurice、1823年 - 1889年)、ソランジュ(Solange、1828年 - 1899年)の1男1女を産んだが間もなく別居し、多くの男性と恋愛関係をもった。

関連商品