生年月日データベース

ラルフ・シューマッハRalf Schumacher

レーシングドライバー[ドイツ]

1975年 6月30日 生 (満49歳)

ラルフ・シューマッハ - ウィキペディアより引用

ラルフ・シューマッハ(Ralf Schumacher, 1975年6月30日 - )は、ドイツ出身の自動車レーサー。
元F1ドライバー。
F1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの実弟。
フォーミュラ・ニッポンの初代チャンピオンを獲得し、F1チーム「ジョーダン」「ウィリアムズ」「トヨタF1」などで活躍した。
プロフィール[編集] キャリア初期[編集] 兄ミハエルと同じくカートレースを経て、ウィリー・ウェーバーのマネージメントを受ける。
フォーミュラ・フォードなどを経て、ウェーバーが所有し、かつてミハエルも所属したWTSレーシングより1994年のドイツF3選手権に初参戦、シリーズ3位に食い込む。
翌1995年もドイツF3に参戦し、ノルベルト・フォンタナとチャンピオン争いを繰り広げるが、一歩届かずシリーズ2位でシーズンを終えた。
しかし同年11月のマカオグランプリF3では総合優勝を果たし、マカオGP史上初となる兄弟で優勝の記録を達成する(ミハエルは1990年に優勝)。
日本での活動[編集] ウェーバーや全日本F3000への参戦歴を持つミハエルから、日本レース界のハイグリップタイヤを経験することはF1へ進むためにも有益であると勧めもあり、1996年は活動の舞台を日本に移し、兄も所属したチーム・ルマンよりフォーミュラ・ニッポン(前年までの全日本F3000)に参戦、ダブルエントリーで全日本GT選手権(JGTC)にもチーム・ラーク・マクラーレン(後のチーム郷)のマクラーレンF1 GTRで参戦した(JGTC ……

ラルフ・シューマッハさんが誕生してから、49年と25日が経過しました。(17922日)