生年月日データベース

海野和男うんのかずお

写真家[日本]

1947年 6月25日 生 (満72歳)

海野 和男(うんの かずお、1947年6月25日 - )は、日本の昆虫写真家であり、同ジャンルの草分け的な存在。
肩書きとしては、日本自然科学写真協会会長、日本昆虫協会理事、日本写真家協会会員などが挙げられる。
広角レンズを使った接写により、昆虫の周囲の環境を風景として写しこんだ作風を得意とする。
1947年、東京都に生まれる。
東京農工大学の日高敏隆研究室で昆虫行動学を学ぶ。
大学生の時に「スジグロシロチョウの交尾拒否行動」の写真が取り上げられ、以後昆虫写真家としての道を歩むことになる。
1990年に、長野県小諸市でクワガタムシの大アゴが落ちているのを見つけ、豊かな自然の残る小諸の地に惹かれ、そこに別荘を建てて一年の多くの時間をそこで過ごしている。
著作 自然を知ってもらうことによって環境保護の理解も進むと考え、数々の写真集を出版している。
『昆虫と擬態』(平凡社)は1994年日本写真協会年度賞を受賞。
他にも本格的な写真集を多数出版しているほか、子供向けの図鑑類や飼育指南書も多く手がける。

映像作品

「海野和男」と関連する人物